スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W10 NO戦雑記

見返すのがそれほど苦にはならなかったのは、明らかにチームとしての完成度が上の相手に善戦できたからだと思います。

内容的には完敗というか、ファルコンズが持ち味を出せた上で負けるならまさにこういう負け方というお手本のような試合でした。


 箇条書きスタイルが思いの外楽なんで(無駄に縦に長くなってしまうのが難ですが)、特に長々書きたいこと以外はこれで行こうと思います。

ディフェンス
・一にも二にもパスラッシュ不足
・セカンダリーにもミスはあったがあまり責める気にはなれません
・ブリーズクラスにあれだけ時間を与えれば、そりゃ長いのも通ります
・その気になれば30秒くらいレシーバーを探せそうな勢い
・DTはまだ相手的に仕方ないとして、DE陣は預金通帳見て反省してください
・たまに入れるブリッツも、ほとんどは最強Gタンデムに封殺。もっと大外回る選択肢は無いのか

・一方ランディフェンスは十分機能
・相変わらずスプーーーンはキレキレ、ロフトンも高値安定
・この二人が万全ならランで大崩れはないかと
・パワーランナーさえ出てこなければ(故障明けのイングラムはほとんど出番ありませんでした)。
・二人ともパスカバーはそれほどでもないですが(特にロフトン)
・下手にパスカバーを磨いて、ラン意識がおろそかにはならないようにしてほしいです。

オフェンス
・オフェンスはランでリズムが作れているうちは見ていて安心できるオフェンスを展開
・ギャップを埋められランが機能しなくなったとたん見ていて胃が痛くなるオフェンスを展開
・ヴィルマがいたら間違いなく惨敗してたかと
・2Qフリオのエンドゾーン落球はグリーアーのナイスカバーを差し引いてもいただけない。
・未来の殿堂入りレシーバーならあれくらいは捕ってくれないと
・ライアンは落ち着きに反比例するパス精度を持った稀有な選手
・もういっそ、ずっとノーハドルでいいんじゃね?とは以前からファンに言われていること
・私もその案に一票
・本当に採用するんじゃない(in OT)
・まぁ昨年のBAL戦とかでも効果的でしたが、あまりやりすぎるとOCの職務放棄を疑われます。
・そのOTでのプレイ選択 パス、パス、パス、パント。パス、パス、パス、ギャンブル失敗。おい村木(いやライアンのノーハドルオーディブルの結果でもありますがね)


〈その他もろもろ〉
・ボッシャーがバイウィークにどんな魔法を使ったか知りたい
・フリオは虚弱体質をさっさと克服してください
・あなたの故障は普通の選手の4倍の意味を持つことを忘れないように
・NOのPモーステッドの脚力は凄かったです、レックラー、サイファーズ級か
・結果的に前半終了間際のマット・ブライアントのFG失敗が響く点数になったが、さすがに彼を戦犯とは呼べない(40ヤードはもちろん決めなければならない距離ですが)。
・クイズ君はもうちょっと使われていい
・ロディはもう三十路なのにベテランらしい落ち着きが欠片も見られないのはどうしたことか
・でも落ち着いたロディはもうロディとは言えない気もします。
・とりあえず落ち着かなくてもいいんで無駄な反則はやめてください
・落球もやめてください
・4Q終盤でセインツのFGが反則で取り消しになったプレイ、3点差のままだったため同点OT突入でしたが、成功して6点差だったら最後逆転できた気がしてならない、というのは考えすぎでしょうか。
・今更ながらキックオフ位置の変更はどうやっても擁護できないアホルール。誰だこんなの考えたの


OTでの判断等についてはすでに色々述べたんでもう多くは語りませんが一つだけ。あのギャンブルを批判、否定するのは全く問題ない、というかむしろ議論されてしかるべきですが、あのワンプレーだけをもってスミッティを駄目コーチ呼ばわりし、あまつさえ”Fire”とまで言う自称「ファン」とかいう方々は脳味噌か目玉をクリーニングに出すことをお勧めします。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。