エドワーズカット とロスタームーブ

 初黒星の直後にこういう動きをするとなんだかドタバタ劇っぽくてあんまり印象はよくないですよね。


 ということで現地12日、敗戦の翌朝にDEレイ・エドワーズがカットになりました。またこれとは別にNO戦中に負傷した控えTEトミー・ガラーダがIR入り。
 これらを受け開幕直後に怪我でチームを離れたWRティム・トゥーンとPS入りしていたTEチェイス・コフマンの二人がロスター入りしています。
____
 エドワーズは昨年パスラッシャーとして鳴り物入りで加入してきたFA選手でしたが、1年目は期待を大きく裏切る3.5サックの成績。さらに汚名返上を誓った今季は開幕以来このブログでただの1度も名前を出したことがないという時点でお察しの内容。途中からビーアマンに先発も奪われ出場時間は減少の一途、ローテーション要因やランストップ要因としてもほとんど目立ったプレイはありませんでした(スタッツに残っているのは9タックル0サック)。NO戦では一回だけいいランストップもありましたが焼け石に水。

 とはいえこの時期のカットというのは直接的なメリットは何もないだけに、その意味するところが何なのか、果たしてNO戦で勝利していても起こったのかなど疑問は尽きません。一番説得力が有りそうなのはエドワーズ=腐ったミカン説で腐敗が広がる前に切り捨てたという説で、規律や人間性を何より重視するスミッティとしてはいかにもな話ですが、それとてあくまでファンタジーの世界。真相はフロントのみが知るところ。

 いずれにせよディミトロフとしては完全に己の失敗を認めた格好なわけですが、エドワーズ契約当時ファルコンズから離れていた私としてはあんまり腹も立ちません。ほぼ半分のサラリーで数倍の活躍をしているビーアマンがいる以上、遅かれ早かれこうなることは必然だったと思いますし、ヘタに期待だけ持たせて毎年引っ張られるよりはよっぽどマシだったかもしれません。トレード先を探したけど期限までに見つからなかったというヘマをした可能性はありますが。
 なおこのカットで生じるキャップ枠やらデッドマネーやらについてはソースによってばらつきがひどいので、もうちょいはっきり分かるまで放置しておきます。投げっぱなしで忘れる可能性大ですけど。

 そして何より気になるのは今後どう戦っていくか。ノーランはDTを3枚並べたりと工夫もしてますが、なんだかんだでDEはエイブラハム、ビーアマンにエドワーズの三人で回していたわけで、代わりに誰かがローテーションに入ってこなければいけません。しかし現状ロスターにいる控えDEであるシドブリー,マシューズ,マサクワの三人とも今季出場機会はほとんどなく(特に後ろ二人はほとんどインアクティブ生活)、果たしてノーランディフェンスで活躍できるかは未知数。当然なにがしかの成算あってのエドワーズカットだとは思いますが、それならカット前に控え陣がやれるところを見せといてほしかったという気持ちは少なからずあります。もちろんこれで誰かがブレイクしようものならノーラン様様ですけど、さてそううまく行くかどうか、後半戦のポイントの一つになりそうですね。



 それにしてもA&Mのデモントレ・ムーア君は株上がりっぱなしですね、一ヶ月前には1巡下位でも狙えそうだったのに。テキサスのアレックス・オカファーは私の目には全く(ドラ1で指名するほど)良い選手に見えないし、オレゴンのディオン・ジョーダンは博打要素が高すぎる、うーむ本当にパスラッシャー探しは難しいですね。。。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

redgun : 2012/11/15 (木) 14:43:47

あの契約のときJA98→エドワーズでそりゃー歓喜でしたよそれがこうなるとは。TWITTERでどんな心境をつぶやいてたか見直してみたら7/25にロックアウトが解除7/29にジャマアンとマイケルジェンをカット7/30エドワーズ契約と電光石火の流れを整理するのがやっとで気持ちとかまったく表現してなかったでしたー。ドラフトでフリオにいった時点からロックアウト空けFAでエドワーズGETが規定路線すぎて感動がなかったようです。今年のマリオほどインパクトがあるわけでもないしw彼も苦戦してますね。
インアクティブ3人衆はARIのペラOLなら登場後いきなり結果残せそうですwそうすれば切ったことが正解だという方向に導けますし江戸さんが変に爆発してしまってタイミング逃したりと。意外と切るならベスト?
ハリス見れなかったですね、でてたとしてもそこを見届けるほど冷静でいられなかったぽい。

ほとら : 2012/11/16 (金) 19:27:43

 当時の地元記事やファンサイトを見る限り本当に規定路線という言葉がピッタリくる契約だったようですね。そしてファンのほぼ全てが諸手を上げて歓迎していたというのもよく理解できます。パスラッシャーはリスクの高いドラフト上位での指名よりFAで実績のある選手を獲るべきという話はよく聞きますけど、それを地で行ったわけですから。エドワーズの何が問題だったかは分かりませんが(個人的にはMIN時代の成績はジャレッド・アレン効果だと思ってます)、こういう結果は誰一人予想できなかったでしょうね。
 ARI戦は控え陣DEにとっては本当に大チャンスですよね、逆にここで誰も結果を残せないようだと来年のドラ1指名ポジションは7割方決まってしまいますが。なんとか誰かがチャンスをものにしてほしいですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック: