スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先発3名カット

 持病のサボり癖が発病してまして、このブログにもとうとうスポンサーサイトの広告も出てきたことですしこのまま暫らく冬眠していようかと決意した矢先のこのニュース。流石に目が醒めました。


 ということで現地1日、チームはRBマイケル・ターナー,DEジョン・エイブラハム,CBダンテ・ロビンソンの3名のリリースを発表しました。

 3者とも三十路を過ぎたキャリア下り坂の高齢かつ高サラリーということで噂はされていましたし、ターナーにいたってはファルコンズファンの大半がカットを確信していましたけど、3人まとめてというのはちょっと予想を超えてました。とりあえず第一印象としては、相変わらずディミトロフはいい度胸してるなあ、というのが率直な感想。
 3人についてはもちろん思い入れはたくさんありますし、誰が欠けても今の強いファルコンズは無かったと思いますが、チームが更に前へ進んでいくためには仕方が無い決断だとも思います。月並みですけど今後の彼らのキャリアを応援したいと思います。

 やや情報が錯綜しており正確なところははっきりしないんですが、この3人のカットで空く今年のキャップスペースは約16~18Mくらいのようです。その前の段階で約4.5Mほどスペースがあったので20M以上の余裕を持ってオフに臨む形となりました。まあ余裕があるといったって先発枠に3つ穴が空いたわけで、ベイカーやムーアらUFA選手たちとの再契約交渉も含め大変なオフになるのは間違いないですが。
 ちなみにFAでファルコンズが狙っていると噂されている筆頭はRBスティーブン・ジャクソンとDEドワイト・フリーニーの両ビッグネーム。また、今回カットされた3名ともっと安い形で再び契約を結ぶという可能性も十分あります。
 とりあえずその辺りも含め、このオフの焦点なんかについてはできればFA解禁前に一回まとめようかと思ってます。思ってるだけですけど。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。