スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥縄式適当2013ドラフト考

 口やかましい傍観者という、うざったらしいことこの上ない立場で未練・或爺杯を見学させていただきましたが大変楽しかったです。チュルさんはじめ素晴らしいイベントを企画運営してくださった皆様ありがとうございました、そしてredgunさんはファルコンズGMの大任お疲れさまでした。来年は現地に行こうと決意しました。


 FC2の嫌がらせによってこれ以上ないくらい遅れに遅れ、結局未練杯にも間に合わなかったドラフトネタですが、今夜は運よく一発ログインに成功したのでやります。どう考えても明日の朝がつらいけどやります。なにせこちとら記念すべきにわかカレッジファンになって最初のドラフトで、1年間ネタを溜めこんできた身です。ちょっとぐらい知ったかぶりさせて戴きたい所存であります。

ドラフトオーダー (前の数字が巡目、後ろの数字が全体順位、*印は補填ピック)
1-30
2-60
3-92
4-127
4-133*
5-163
6-198
7-236
7-243*
7-244*
7-249*

 まず大前提となるファルコンズの今年の手持ちのカードですが、上の通り元々の指名権を7つ全て保有しているのに加えて4つの補填ピックを得ており、計11個とかなり多めの指名権を持って臨むことになります。
 ただ御覧のように補填ピックは4つ中3つが7巡ということで、あくまでドラフト外ルーキーの獲得争いで一歩有利に立てるという程度に考えるべきだと思います。あとは236位の指名権をトレードのため手放しても全然痛くない(ちなみに補填ピックはトレードには使用できません)という利点があるくらいでしょうか。
 まあなんにせよ08年以来久々に大量指名権を持っている以上は同志ディミトロフの腕の見せ所であることは間違いありません。


ニーズ

 スペースの関係で詳細なデプスなどは省略しますが、仮に明日開幕となった場合明らかに人が足りないポジションがづん太とグライムスが抜けたCBです。現状ロスターで戦力として計算できるのはアサンテとマクレインの二人だけで、あとは控え以上を期待できないフランクスとPS上がりの選手が2名いるだけで、ニッケル体形が全スナップの半数以上を占める今のディフェンスを機能させるためには先発級のCBが最低一人必要です。
 裏をかえせばCB以外のポジションは(大小様々な不安は抱えていますが)少なくとも昨年と同等程度を期待できる先発は存在するため、今年のファルコンズのドラフトはCBを中心に動くことは間違いのないところです。

 なおCB以外にドラフト上位指名が有力視されているポジションは、今年限りで先発陣全員の契約が切れるDT、デプスが限りなくゼロに等しくスターターにももっとインパクトが欲しいLB、エースになれるパスラッシャーがほしいDE、ゴンザレスの後継が来年絶対に必要になるTE、といったところになります。(あと先発が2枚抜けたOLもニーズには挙がるんですが、ここはすでに昨年ドラ2、ドラ3を投資してるんで上位指名の確率は低めだと思います。)


1-30をどうするか

 ということでニーズの観点からいえばCBが他のポジションを5馬身ほど突き放している状況なわけでして、当然ドラフト予想としては30位に落ちてきた中で一番気に入ったCBを獲るか、あるいは噂されれているようにジャンプアップしてでもどうしても欲しいCBを獲る、というのが巷のモックを見てもグリグリに鉄板視されている本命予想のプランAとなります。が、ここで1巡それだけを単独で見るのではなく1~3巡くらいの「上位指名」という枠組みで考えてみるとまた違った戦略も浮かび上がります。

 また後述しますが、今年はCBの層がべらぼうに厚く、特に1巡下位~3巡くらいの範囲に位置付けられている選手たち10人弱くらいはアナリストたちの間でも順位がバラバラになるくらい評価が拮抗しており、またいずれも(程度の差はあれ)即先発可能レベルと見られています。
 この豊富なCB層がファルコンズにもう一つの選択肢を生じさせます。つまり絶対スターター級が必要なCBですが、もしそれが2巡以降の指名選手でも十分だと考えているようなら、逆に2巡以降ではほとんど有力選手が獲れないであろうDLや、ポストゴンザレスとしてエリートレベルのTEを1巡で獲得するという選択肢です。この場合、CBが2巡指名の前に売り切れる危険性も秘めていますが、成功した場合はデプスの充実度という点ではCB一巡指名のプランAに勝る可能性が高いと思われます。ちなみにNFLのドラフトでは例年、あるポジションが全然指名されないなー、と思っていたら突如として一気に売れ始める謎の現象がありますが、今年その対象になるのがCBなんじゃないかと思っているので、こっちのプランBを選択する場合は、この大セールが始まる瞬間を正確に見通す予測能力が必要になりそうです。

 したがいまして、CBは一番のニーズであり今年のファルコンズドラフトの最大の鍵を握るポジションではありますが、それが必ずしも1巡CB指名を意味するわけではない、という心づもりでドラフトに臨むのがファルコンズファンとしてのあるべき態度かと思われます(何様だ)。

 なお個人的な予想(希望ではなく)はプランB。理由はそっちの方が2日目ハラハラして楽しめそうだから、ってこれじゃ思いっきし希望じゃないですか。もうちょっと真面目に答えると、去年の試合を見る限りノーランはあんまりCBの個人能力に頼るDCじゃない印象だったから、というのが大きいです。基本がゾーンですし、先発陣が負傷退場した時などで控え選手が出てきてもあんまり問題を感じる場面もなかったです。一方でプレイオフ含め、ファルコンズの敗戦時はパスラッシュ不足が深刻な試合がほとんどでしたから、チームとしてはこっちを優先させるんじゃないかなー、なんて今書きながら思いついた超適当予想。


 さて、具体的な指名候補選手などについては次回の記事に続きます。気力が続けば今夜中にはあがる、はず。あがってなかったら死んでいるものと判断してください。



〈追記〉トレードについて
 確かSIのピーター・キングが最初にリークしたかと記憶してますが、なんでもファルコンズが大幅なトレードアップを狙っているというウワサがかなり広まっており、なかには相手方(MIA?)との交渉がほぼ合意状態になっているなんて話もありますが、個人的にはこの話、全然信じていません。いや、トレードする可能性自体は否定しませんし、むしろその確率は30位に留まるより高いと思ってます、が、そのトレードは今ウワサになっているものとは別なものだと思います。だって私が知る限りディミトロフは恐ろしいほど腹の内を覗かせない人間だから。記者会見でなんかでも、もっともらしく語っているようでその実大切なことは何一つ漏らさないという、下手な政治家がハダシで逃げ出すような古狸っぷりです。そんな人間がこんな重大な情報があっさり漏れるようなことするとは考えにくい。あるとすれば他チームをかく乱させるために故意にもらしたか、もしくは誰かの脳内ファンタジー。フリオの前例があるだけにファンタジーが広がるのも無理ないところではあります。
 ちなみにディミトロフ自身は2月時点で「今年のドラフトにはワオ!と言いたくなる(フリオのときのように)21スポットもあげたくなる選手はいない(けど、デプス補強には最適の年)」と発言してます。まあそれすら煙幕という可能性も十分ありますが。
 個人的な予想としては3~5位くらいの小幅なジャンプアップかダウンというのがありそうなところじゃないかと。アップは特に28位のDENとニーズ(CB,DL)丸かぶりなのでその前に出る感じで、ダウンはプランAで気に入ったCBが2,3人残っていた場合にQBが欲しいチームなんかとする感じで。大幅なアップがあるとしたらむしろ2,3巡の方がにおいます。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。