スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013ドラフト1日目終了

 とりあえず速報


 前置きは抜きにして2013年のファルコンズのドラフト1巡指名選手は

デズモンド・トゥルーファント CB (ワシントン大)

 と、相成りました。

 
 ディミトロフは1-30からSTLの持つ1-22へとジャンプアップ。そこまでに指名されたCBはミリナーとDJヘイデン(!)だけでイグゼヴィア・ローズも残っていましたが選んだのはトゥルーファントでした。

 トレードアップの一報が入り解説のメイヨックがアイファート狙いなんじゃないかと発言した瞬間に21位でCINがアイファートを指名しちょっとビクついてしまいましたが順当に第一ニーズを埋めた形になりました。

 指名の感想などについてはドラフト後にまとめてやるつもりです。

 なお代償は今年の3巡(92位)と6巡(198位)。2巡が残っているので全然OKです。(追記:STLからは2015年7巡ももらっていました)


 2日目ですが1巡もれた中で一番ほしいのはアーサー・ブラウン(とれるとは思ってません)。そしてキャラディンは果たしてどこで消えるのか。あ、もちろんテオもね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

redgun : 2013/04/26 (金) 14:15:49

何年か後にトゥルファンがヒューストン程度で、ローズがミネソタで王として君臨してたら一生この年のドラフトはネチネチと語り続けます(笑)。2巡もけっこう各ポジション捨てがたいとこですよね、順当にTE、DE、OLBあたりかOLなんて線もか。

ほとら : 2013/04/27 (土) 07:31:28

 サイズだけはどれだけ努力しても得られない才能ですし二人のうち将来的にスーパースターになる可能性がより高いのはローズじゃないかとも思いますが、redgunさんにグチられることのないよう(笑)、私達のGMの目が確かであることを祈りましょう。
 最大のニーズが埋まっただけに2巡は読めないですねー。もちろんポジション的にはおっしゃるあたりが最有力ですが、純粋にBPAで選ぶならQB以外はどのポジションも可能性があると思います。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。