スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフニュース

 試合を見ながら書こうとか思ってた私が馬鹿でした。がっつり2試合観戦終了。試合について書きたくて仕方がないんですけど、とりあえずチームに大きく関わる二つのネタに触れておかないと。しかしやっぱりNFLは面白い。


QBマット・ライアンとの大型契約延長締結

 フラッコに始まり、ロジャース、ロモ、スタッフォードと各地でフランチャイズQBたちとの大型契約(延長)ラッシュが続いたこのオフ。次はライアンといわれ続けながら随分待たされた格好でしたが、キャンプインとほぼ同時にやっとこさ契約。お値段は5年103.75M(サインボーナス28M、ギャランティー59M)ということで、晴れて1億ドルプレイヤーの仲間入り。ちなみに今年2013シーズンから5年間ではなく、今年はもともとのルーキー契約分(ただしサラリー計算は再構築されてます)で、そこからさらに5年間の延長という形なので、契約は2018年まで。ということで6年120Mの契約をしたファン視点における最大のライバル フラッコとはまたしても今後6年に渡って比較され続けることが確定しました。この二人の比較はそれだけでレポート一本書けそうなくらい面白いんで、個人的には望むところ。
 何はともあれNFLにおいてダントツで重要なポジションであるところのフランチャイズQBを確保できたことは本当に目出度いことです。もちろん28~33歳という選手としてのピークという時期もでかい。
 金額に関しては、ま、アーサー・ブランクがヴィック(7年100M)に1億出してライアンに出さないというのはありえないよね、ということで。ただ散々言われてるように、他の同クラスの契約をしているQBたち(マニング兄弟、ブレイディ、ロジャース、フラッコ、ビッグベン)の指にあってライアンの指にはないものがある、というのが唯一にして最大の懸念点となります。少し前まで彼らとほとんど同格だったはずのフィリップ・リヴァースの現在の落ち込みぶり(選手として云々というより、周りからの視線的な意味で)を鑑みれば、やはりチームを頂点に導いたか否かというのは決して単なるいちステータスではないです。まあなんにせよあれです、とりあえずはクリス・チャンドラーを超えてください。


怪我人ぽろぽろ
 毎年この時期になるとあちらこちらで出てくる故障者ですが、ファルコンズももちろん例外ではなく。程度の軽い人、重い人、すでに治った人など様々ですが、重症度でもチームに与える影響度でも最大のものがOLマイク・ジョンソンのシーズンエンド(足首脱臼と腓骨(ひこつ)骨折)。今年はミニキャンプからずっと調子がよく、クレイボーが去ったRTのスターター候補筆頭として常にファーストチームだったようなのですが無念の結末となってしまいました。もともと入団以来度重なる脳震盪や怪我に悩まされ続けていた選手ですが、昨年はその機動力を買われ6番目のラインマンとして活躍するなど、ようやく光が見えてきた矢先だっただけに非常に残念です。代わってポストクレイボーを務めるのは2年目のホームズ。こちらはプレシーズンではなかなかに苦労してましたが、正直これはこれで楽しみでもあります。
 その他主力級でシーズンエンドのような大怪我をしてしまった選手はいないですが、ちょっと長めの故障をしていたのがFBユーウィング。キャンプ開始直後に脚を痛め、プレシーズンは2試合とも欠場。やっぱり故障がついて回る選手って決まっているんですかね。しかし今回の怪我は去年やっちまったACLとは無関係とのことで、練習にも復帰してるみたいです。この人に対してはルーキーイヤーの分まで期待がキャリーオーバーされちゃってるんで早くフィールドでいやらしいリードブロックしてるところを見せてほしいんですが。
 そしてロディがプレ2試合目BAL戦の途中で足首を捻挫して練習お休み中。プレシーズン残り2戦も欠場予定ですが、開幕戦には間に合いそうな雰囲気。というか、まず間違いなく間に合わせてくるでしょうこの鉄人は。
 LBスティーブン・ニコラスも脚の故障で次のTEN戦は欠場予定ですが、こちらも開幕のために大事を取って休ませるという感じの模様。
 またフリオがプレ初戦欠場しましたがBAL戦で復帰、パフォーマンスも問題ありませんでした。
 その他RBスネリングやLBロバート・ジェームズなどなどここ2試合で欠場している選手も何人かいますが、いずれも程度は軽いみたいです。

 とまあ相変わらず怪我がつきものなスポーツなわけですが、それでもここまでで大きな離脱が一人だけというのは比較的幸運な方じゃないかと思います。この怪我人の少なさは現体制の過去5年間の強さの一因でもあるので、引き続きなんとかいい状態で開幕を迎えてほしいところです。

(追記:TEアダム・ニスリーがIR入りしていたのを失念してました。この人も去年UDFAでちょっと期待していた選手でしたが2年連続で開幕前にIR入りということで、運、不運の問題もあるでしょうけど、やっぱり怪我に弱い選手というのは体質改善が必要な気がします。)
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。