スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W12 MIN戦展望


 MIN戦、ここまで2勝8敗と苦しんでいるようですがもちろん勝負に絶対はありません。プレイオフに向けホーム三連戦最終戦はなんとしてでも白星が欲しいところです。




 私がNFLから離れていたこの2年ほどの情報収集をして二番目に驚いたのがMINのQB事情でした(一番は某足が速いQB)。え、マクナブ?!その前はファーブ?! うーむ、ファーブは私が知ってた時点ですでにジェッツだったのでまだしも(それでも終の棲家がNFC北チームというのは驚きですが)、マクナブがイーグルス(アンディ・リード)から離れる日が来るとは思いませんでした。しかもマクナブは昨年WASだったとか。NFCを代表するフランチャイズQBがまさかこんなジャーニーマン街道を行くことになるとは。そういう世界だと分かっていても現実の厳しさを改めて感じてしまいますね(しかも古巣で替わって活躍しているのが(略)だなんて)。
 

 vsMINオフェンス

 さてそんなマクナブを獲得したMINですが、1勝5敗という成績を受けマクナブは先発降格。なんだかマクナブがカルペッパーさんの後を追っているような気がしてならず、なんとも悲しい限りです。
 替わって先発QBを務めてるのが新人ドラ1クリスチャン・ポン太。映像は見てませんが、このポン太くんもまだ期待にこたえる成績は残してない模様。というのもどうやらOL陣がかなり新人QBに優しくないパフォーマンスのようで、ここまで大量30サックを謙譲、ポン太くんが先発したここ4試合では14サックをあびています。MINファンもあんなラインじゃポン太がかわいそうだと言っているようです。
 ということでファルコンズとしては先週に続きDL陣の奮起を期待。特にレイ・エドワーズは古巣との戦いということもあり燃えているはず、ジャレッド・アレン無しでも活躍できるところを見せてください。
 ただポン太君、先週はあわやの追い上げも見せている上、機動力のあるファルコンズの苦手なタイプ。ジェイク・ロッカーの時のように勢いづかせないように気をつけて欲しいところです。レシーバーでは元ファルコンズのマイケル・ジェンキンスは、数字はさほど伸びないですが大事なところでいい仕事する大好きな選手だったので注目するつもりです。

 パスオフェンスがうまく機能しないとなればMINの希望の星エイドリアン”全日”ピーターソンの出番になりますが、先週OAK戦で負傷、欠場濃厚なようです。いつの間にかリーグ2位になっていたファルコンズランディフェンスがピーターソン相手にどこまでやれるか見たかったので残念ではありますが、チャンスなのも事実。チームの2番手ラッシャーはWRのハーヴィンのようですが、はたして誰が先発RBになるかは不明。くれぐれも無名の選手にいきなり大活躍されないよう気をつけてください。


 vsMINディフェンス

 要所に良い選手がいるものの全体として成績は下位に低迷しているヴァイキングスディフェンス。特にパスディフェンスは、最恐パスラッシャー ジャレッド・アレンを中心に、先日サンクスギビングで大虐殺を演じたレイブンズにつぐリーグ2位の31サックを記録しているにもかかわらず喪失ヤードはリーグ28位に落ち込んでいます。 主な原因はセカンダリーにあるようで、超晩成で狂い咲きを見せていたタックルの鬼アントワン・ウィンフィールドのIR入りもあり、どれだけサックを奪ってもちょっとプレッシャーをかけそこねれば楽々パスを通されているようです。
 ということで先週素晴らしいパフォーマンスを見せたライアン、ロディ、ゴンザレスのプロボウルトリオに期待。そしてそれ以上に気になるのが対ジャレッド・アレン。まだ先発LTが誰になるか不明ですが、スヴィーテックならもちろんどこまでやれるかの試金石としてこれ以上ない相手ですし、ベイカーさんが出て大量サックでもそれはそれでスヴィーテックのレギュラーが確かなものになるという楽しみがあります。また仮にスヴィーテックがぼろ負けでも相手があんな怪物なら仕方ないと言えます。一番問題なのがベイカーさんがアレンを完封するという一番ありそうにないパターンですが、それでもベイカーさんの商品価値が上がるのでまぁよし。

 ランディフェンスではOLBチャド・グリーンウェイが八面六臂の働きを見せている模様。ウィリアムズウォールの迫力を失ってもまだまだ強力なDLの働きもありリーグ10位に位置しています。まぁ相手が誰でもファルコンズとしてはターナーのパワーランが中心になるのは間違いないんですが、とにかくクイズをもっと出すように。あとはブロッカーがグリーンウェイをどこまで抑えられるか。



 攻守に主力を欠いているMINですが、気を緩めずに挑んでほしいところ。TEN戦やSEA戦で途中まで完璧な試合をしておきながら終盤追い上げられたのは何より油断にあったと思います。いつどこからシンデレラが生まれるかわからないのがNFL、たとえ弱いものいじめと言われ様と、選手もコーチもシンデレラがお城に行く気をなくすくらいいじめ抜くドSっぷりを見せてほしいところ。あ、でも別にIND@NOみたいにしろというわけではないです。拷問ショーはさすがにやりすぎなので。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。