スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@NO 終了

 これ何がくやしいって


 自分がファルコンズファンじゃなければ、最高にエンターテイメンツな面白い試合だったってこと。

ATL 17-23 NO

 6点差を追いかけるラストドライブ敵陣10ヤード以内まで攻め込むものの一歩届かず、という昨年の@NO、そしてNFCチャンピオンシップの結末を三たびなぞる形に。



 さて思いつくままに徒然と雑感

・クエスチョナル組のアサンテとロディは思いのほか怪我が重かったらしくアサンテはインアクティブ、ロディはプレイタイムが極端に制限されることに
・しかし彼らの代役CBアルフォード、WRダグラスが素晴らしい活躍で、決して敗戦の言い訳にはできず

・そのアルフォードとトゥルーファントのルーキーCBコンビは本当に良かった
・アルフォードは予想通り序盤から狙われたものの見事なPDにINT
・見事故郷に錦を飾ることに成功
・なんかマジでグライムス臭がしてきました

・一方のトゥルーファントはこちらも完璧なPDが1つありましたがそれよりも何よりも
・見ていて気づいただけで2,3回ブリーズが彼のサイドをファーストターゲットにしていたにもかかわらず、密着カバーを見てターゲットを変更するという場面が
・カレッジ時代に続きプロの舞台でも”Tru Island”を形成することができるか
・二人の望外の活躍でこれから一年成長を見るのが非常に楽しみになりました

・その他個人として一番目立ったのはバビノー
・やばいねこの人マジモンスター
・試合ごとにムラがある選手ですが、1年このクオリティを保ってくれれば恐ろしい1年になりそうです

・スティーブン・ジャクソンは50ヤードビッグランもありランパス合わせて100ヤード超え達成
・いざと言う時セイフティバルブになれるエースランナーってのがどれだけ大きな存在か実感
・そしてレシーブできないターナーがライアンにとってかなりの負担だったのだと、今初めて知りました
・ジャクソンに不満があるだけじゃ微塵もないんですが
・もし全盛期のウォリック・ダンが今のオフェンスにいたらどうなっていたんだろうとか思ったり思わなかったり

・ロディの代役という大任をまかされ93ヤードレシーブしたダグラスも立派
・オフに結構辛辣なこと言ってきたからちゃんと褒めておきます
・おざなりに見えるかもしれませんがちゃんと褒めてます

・注目していたデントはまだ特別良くもなく悪くもなく
・TD許したコールストンへのパスはコールとパサーとレシーバーが完璧すぎたものなので彼に非はなし



・試合直後の印象として大きな敗因は2つ
・フリオのファンブルロストと
・パスプロテクション

・フリオのあれは、10対3とリードしている状況でディープパスが通った矢先のファンブルでしたが
・あのオフェンスドライブが完結していれば一気にモメンタムをつかみそのまま一方的な試合展開もありえただけに本当に致命的なタイミング
・ああいうミスをやっている内はまだ私は超一流とは認めません
・要反省

・OLは序盤こそよかったものの
・試合が経つに連れて懸念のRTを中心に徐々に崩壊
・火種はホームズでしょうが最後には満遍なく全焼してしまった印象
・そして恐れていたとおりNOの若いディフェンス陣を勢いづかせてしまった感があり、非常に怖いです
・でもそんなことよりパスプロがこれからどれだけ早く修正できるかが重要
・しかも来週はCINと並んでリーグトップレベルのえげつないDL擁するSTLが相手という
・けっぱれパット・ヒル

・ディフェンスはトータル400ヤード以上奪われてますし3rdダウンロングを止められないという大きな問題はありましたが
・相手を鑑みれば23失点という点数的にも内容的にも十分合格点だったと思います
・ノーランvsペイトン 私の判定では52:48で今回はペイトンに軍配が上がったというところ
・次の対戦ではどうなるか

・またラストドライブで捕っていれば逆転のパスをスティーブン・ジャクソンとゴンザレスが掴みきれなかったというのももちろん大きいですが
・なぜかあんまり責める気にはなりません
・むしろラストドライブ、毎度のことながら追い詰められてあんだけやれるんだったら
・あれをもっと早くやれと言いたい

・あと最後のタイムアウトの使い方がすごく気に入らないですが
・直接的な敗因ではないので今回は触れないことにしておきます


 しかしNFL熱を盛り上げるのに十分すぎるほど見ごたえのある開幕戦でした、せめて相手がNOじゃなければたとえ敗戦でも内容にもっと喜ぶことができたのに実に惜しい。ただ相手がNOだからこそ、これだけの名勝負が生まれるというのもまた事実ですけどね。

 そして次戦STL戦なんですが私用により恐らくプレビューできません。とりあえず注目は1にも2にもパスプロテクション。なんとかロング,クイン合わせて5サック以下に抑えていただきたいところ。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

redgun : 2013/09/09 (月) 09:57:02

しかしあんだけしっかり守った印象で400ヤードOVERされてたのか。セインツじゃなきゃシャットアウトのできだと思うけど、やだやだ。
OLは想定内でやばいのが判明しちゃったし、バージョンアップしないとあれじゃプレーコールが相当制限かかっちゃう。ホームズ個人がマンパワーでやられてる部分はしっかり働けクソ野郎と文句言えばすみますが、マクルア→コンズもある場合、長い目でみるとなると苦戦しそうです。
モメンタムをつかむのがライアン筆頭にほんとにヘタクソですわね。これがうまければ単なる好ゲームメーカーじゃなくなり楽な退屈な勝が増えて睡眠がはかどっちゃうのに。
そういえば注目のLBんところバートゥ・ウォリロウどころかついにニコラスまで出番なしだった気が。

ほとら : 2013/09/17 (火) 18:50:35

 返信遅くなってすみません。
 ノーラン就任2年目、ディフェンスはセカンダリー中心に確実に彼の本領が発揮されてきていますね。できればディック・ルボウやモンテ・キフィンのような長期政権になってほしいですが、早ければ来年にもHCとして引き抜かれそうな恐れがあるのが悩ましいところです。
 OLは個ではなくユニットとして力を発揮するものだから基本的に時間がかかる、でも一度固まってしまえば(故障離脱さえなければ)長く安泰という特殊なポジションですからねー。オール生え抜きドラフティのユニットですし、ファンも辛抱強く成長を見守る必要があると思います。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。