スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Week7 TB戦 終了

 えらく久々にリアルタイム観戦成功。たとえシャットダウンしても事後観戦とはやはり気合の入り方、試合後の疲労感が段違い。念をアトランタまで送るのはしんどいです。


ATL 31-23 TB

 正直「勝ちを譲ってもらった」というのが適切な表現ですが、何はともあれ勝ちは勝ち。勝利以上にチームを盛り上げる材料はないですから何とかこれを浮上のきっかけにしてほしいところです。

 あんまり時間ないけど思いつくままに雑感

・しつこいですが一番の勝因はTB側の自滅
・度重なる反則にルーキーQBいじめとしか思えないドロップの山
・多分シアーノは劇薬タイプの指導者
・チームに一時的に活を入れる能力は高いけど、その後の副作用も多い
・個人的にフリーマン結構好きだった(フランチャイズQBの器だと思う)ので、彼から離れられたのは幸いだったと思います

・予想に反してゴンザレスわずかに2レシーブ30ヤード
・そして予想に反してダグラスはキャリアハイとなるを149ヤードを記録
・ただ私の名誉(あるのか?)のために言っておくと、これはダグラスにリーヴィスをつけてこなかったおかげ
・主にダグラスとマッチアップしたジョナサン・バンクスは、少なくともこの試合に限れば去年アラバマ大戦でみたまんまに動きが硬いへっぽこCBでした
・しかし格下相手とはいえエース級の数字を残せることができたのは彼にとって大きな自信になるでしょうし、ブレークスルーに期待

・注目していたジョンソン,デイヴィスはそれぞれ2回1回のレシーブに終わりましたが
・どちらも難しい、そしてドライブを進める非常に貴重なレシーブを記録しておりやはり今後に期待
・ロビスキー?誰?

・しかしこの試合のベストレシーバーはクイズ
・二つのTDレシーブはRACも含めて芸術的なデザイン
・リプレイ見るだけで酒が進みます
・飲みませんけど
・てか飲めませんけど
・ラン8回16ヤードなんて数字は見えません
・まあフォローしとくとプレイコールの段階でTB(というかラヴォンテ・デイヴィッド)に負けての大幅ロスが山ほどあったからですが

・そのラヴォンテ・デイヴィッドはまさに獅子奮迅
・デリック・ブルックスもかくやというほどの縦横無尽っぷり
・今年見た中で間違いなくベストのディフェンスマン
・ほしい


・トゥルーファントは本当に見ていて動きが気持ちいい
・基礎がしっかりしているのが分かるし、一つ一つのプレイから躍動感と闘争心が映像越しに伝わってきます
・ビッグプレイメイカーではないですし、何本かパスは通されましたし、明らかなインターフェアを審判に見逃してもらった場面などもありましたが
・それでもこんなに見ていて楽しいCBはあんまりいない(グライムスの楽しさ(ハラハラ感)とはまたタイプが違う)
・しかし試合終了直前に足を痛めたように見えたんですが
・大丈夫やろか

・ディフェンス全体としてはプレッシャーがかかれば勝つし、かからなければ負けるという分かりやすい構図
・DBブリッツなどの多用やDT陣の奮戦もあってそこそこプレッシャーをかけることもできたんですが
・かからない時のかからなさっぷりが尋常じゃないのは相変わらず
・軽く30秒は持ちそうな勢いだったんですが
・これ改善見込めるんでしょうか


・STは新任PRアルフォードのファンブルロスト(TDにつながる)に、あわやパントブロック(悪くしたらボッシャー故障もあった)
・個々のプレイはもちろんミスをした選手に責任がありますが
・こんだけST全体のミスが多発するのはやっぱり奴に問題があるんじゃないのか
・ということで船長カットで

・あと昨年までのファルコンズとの違いは怪我人ももちろんそうですが
・むしろ気になるのがペナルティの多さ
・バイでの改善を期待してたんですけど残念ながら変化みえず
・苦しいチーム事情ですがせめてここだけはしっかり直してほしいと思いました
・バックスみてたらなおさらね

・ちなみに予想通り大外れに終わった私の予知夢ですが
・夢の中で勝ったのはバックスでした
・たとえ無意識下と言えど愛するチームを信じられないのはファン失格だと思いました


・あ、一個書くの忘れてた
・サイドラインでチームを鼓舞し続け、仲間たちのナイスプレイに心からの笑顔と賞賛を送り続けていたロディのことが本当に好きになりました
・「惚れた」と言ってしまっても差し支えない

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

HJ : 2013/10/21 (月) 11:25:28

はじめまして。
Falconsへのほとばしる思いが伝わるブログですね。
我がLionsとは今年レギュラーシーズンでは試合がなく、ほっとしております。
昨年はやられましたので・・・

今後ともよろしくおねがいします。

redgun : 2013/10/22 (火) 09:36:46

ロディ あッあッー。

コンちゃん苦しんでますね、ランブロック崩壊の責任50%くらいあるんですかね。レイノルズがなんかパワー不足に見えますが。左側のホームズ&ブレイロックが話題にのぼらないくらい安定しちゃってるんで、うち恒例の中間選手集合体でナイスなユニットを仕上げもらいたいとこ。
今週もチラホラありましたが、トゥルファンをインサイド側のニッケルで使うらしい、今年のマクレインが精彩欠いてるのはあきらかですしね。フランクス意外とアウト側で頑張ってたんでアルフォードともう一回選手生命かけた勝負するチャンスあるのか?wその前にトゥルファンの脚の状況が心配ですけども。

しかしラボンテはヤバかった。イーグルスファンもノーマークで試合中見つけてヤバかったとw

ほとら : 2013/10/27 (日) 10:32:14

>HJさん
 はじめまして、ようこそお越しくださいました。
 HJさんは現地在住なんですね、なんともうらやましい限りです。
 DETは拙ブログの数少ないリンク先の一つである獅子吼さんの熱心な長年の布教活動などもあって、個人的にもかなり好きなチームなんですが、今のライオンズは見ていて楽しいチームになっていますね。
 シーズンの対戦はありませんが、できることなら年明け対戦したいものです。まあそのためにはコッチが相当頑張らないといけませんが(苦笑)


>redgunさん
 振り返るとOLの青写真が崩れた要因としてはマイク・ジョンソンの離脱が一番大きいような気がします。MIAのクレイボーの現状見れば、脱クレイボーの判断は間違ってなかったと思いますが。ただ、今OLに求められるのはパスプロの方が大きいと思うので、そっちの方に改善の兆しが見られるのは不幸中の幸いでしょうか。今後注目するのはコンちゃんがここからどうなるかと、ベイカー(さん)をどう扱っていくかですね、特にベイカーはホームズが完全にLTの方が適正高いこともあって、両者の扱いについては首脳陣も頭を悩ませていると思います。

 ラヴォンテは昨年時点で(ATL戦に限って言えば)キークリーよりよく見えましたけど、ここまですごい選手になっているのは驚きました、チーム状態ゆえに脚光浴びないのがもったいないですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。