スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Week3 TB戦 雑感

 これ全米のお茶の間に流していい試合だったんですかね。



 というわけで既にご存知のとおりサーズデイナイトのTB戦は56-14で勝利。スコア通りの完勝だったわけですが、正直なところファルコンズが強かったとかいう印象は全然なくて、ひたすらバックスの悲惨さだけが記憶に残る試合だったという。大体30点くらいは向こうの自滅。一部で今年のダークホース的チームと言われてましたが怪我人の嵐には勝てませんでしたか。

 アトランダムで雑感

・ヘスター
 腐ってもリビングレジェンドリターナー。いや腐ってないけど、まだピッチピチだけど。それにしても何故この男の恐ろしさを誰より知るラヴィ・スミスが彼に向かって蹴り続けたのか。アレな試合をディオン越えで盛り上げたNFLネットワークの救世主。
 しかしこの試合のヘスターベストプレイは間違いなくロロのファンブルロストからのフォースドファンブル&リカバー(な、長い)。あのプレイがなければ試合の展開は大分変わってたと思います。アサモアとどっちが今年のベストFAか悩むところ。

・パスプロテクション
 主力が次々と負傷をするという呪いをかけられたバックスDLにやられるようでは洒落にならなかったんですが特に問題なし。唯一の被サックもRBフリーマンがブリッツピックアップをミスったことによるもの。しかしジェラルド・マッコイが出場していたら試合展開は大分違うものになってたと思います。あ、RTはNO戦の前半同様ホームズとカリミの併用でした。OLのローテーションプレイってあんまり聞かないですが、意図するところはよく分からず。

・ジェイク・マシューズ
 オフェンス新人王の目はないものか。無理か。そうか。

・ライアン (21/24 286yd 3TD QBレート155.9)
 ま、パスプロが持てばこんなもんです。

・RBフリーマン
 だめ。ダメ。全然駄目。後半大勢決し主力が引っ込んでから機会をもらいーの11回持って12ヤードってのは完全にランと分かっている時間潰しのシチュエーションなんでまだ許せる。OLもセカンドチームだったし。しかしファンブルロストはダメ。そしてブリッツピックアップミスはもっと駄目。特に後者はこの人のウリと言われてただけに非常に残念でした。このプレイは純粋にLBとの1対1でパワー負けしたもので、サイズの無いフリーマンにとって酷といえば酷。でもフリーマンより更に小さいクイズはああいうのでほとんど押し負けないんですよね。

・FBディマルコ
 この試合の影のMVPと言っていい内容。ナイスブロックを連発し、マシューズ、フリオと共にヘスターの20ydTDの走路も切り開く。さらにソフトハンドでレシーブも決める。これはこれは、もしや遂に育ったか。

・フリオ
 鬼

・ウィームス
 ロディ欠場、さらにヘスター、ダグラスとレシーバー陣に怪我人が続出した結果、まさかの4キャッチ69ヤードでフリオに次ぐスタッツ。まさかこいつにレシーバーとして光が当たる日がくるとは思わなんだ。スペシャルチーマーとしても相変わらずキレッキレ。よくぞ帰ってきてくれました。

・DTピーターズ
 ようやくDLに希望の光が。素晴らしいペネトレート能力で躍動。相手OLがボロボロだったことはもちろん考慮しないといけませんが、それ差し引いてもいい動き。叩き2戦目、限られたスナップ数でこの出来なら次はもうちょいいけるか。しかし改めてDTの戦力過多がひどい。

・毛丸
 ピックシックスはお見事。意外にノーランに信頼されてるのかスナップ数もだんだん増えてきてます。

・ボールセキュリティ
 両チームあわせてターンオーバー9個(TB 5,ATL 4)ってプロの試合としてどうなんだ。

・スミッティ
 個人的にこの試合最大の収穫は、就任以来スミッティに欠けてると言われ続けてきた容赦のなさ(向こうの表現で言う"killer instinct")が見れたこと。4勝シーズンがスミッティをレスリー・ニールセンから白髪鬼に変えたか。35点リードの前半終了間際でも得点を狙う姿勢を今後も続けられるようなら今年のオフェンススタッツはなかなかのものになりそうです。

・ラヴォンテ・デイヴィッド
 欲しい、ちょーだい、ください。

・審判
 試合決まってめんどくさいのは分かるけど、5歳児でも分かる反則(ヴィンセント・ジャクソンのTDレシーブの際のインターフェア)を見逃すのって査定に響くんじゃないですかね。アルフォードは怒っていい。というか怒ってた。

・Pボッシャー、LSハリス
 ここで書くことじゃないけど17日に二人との契約を延長。ボッシャー5年のハリス4年とのこと。飛距離、精度、タックル、顔、とネームバリュー以外弱点のないボッシャーはもちろんのこと、ハリスも非常に安定感のあるLSに育っており実にめでたい。


 まあ相手に助けられたにせよ何にせよ、落とせない同地区対戦をいい形で勝てたことは何よりでした。次戦はショートバイのアドバンテージを生かして欲しいところ。それにしてもCINはどんだけ強いんだ。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。