Week8 DET戦 in 倫敦 展望

 日本時間22:30スタートって日本人には嬉しいけど現地ファンにとってはどうなんですかね。


ロスタームーブ
 やはりというべきか先週膝を痛め退場したCピーター・カーンズがIR入り(怪我の詳細は不明)。来年C上位指名もあるか、いやそんなところに指名権使ってる余裕はないか。なおCのスターターには先週同様UDFAのストーンが入ります。カーンズの代わりにロスター入りしたのはプロ入り9年目のベテランOTのジョナサン・スコット。2006年のDETのドラ4で色んなチームを渡り歩いているジャーニーマン。ファルコンズは5チーム目。

_____

 Week8はここまで5勝2敗でNFC北首位を走るDETとの英国マッチ。正直嫌がらせとしか思えない海外遠征試合をホームに当てられたこの試合(既にして来春に意識が向かっている現状ではそんなに気にならないですが)、勢いに乗る相手に対しどん底のチーム状態でどこまで立ち向かえるのか。

怪我人
 Q組はDTバビノーとWRダグラス。バビノーは痛いっちゃ痛いですが、5テクメインで使われている今のバビノーはあんまり魅力を感じなかったので若手が台頭するチャンスともいえます。ダグラスはようやく練習に復帰。出場可否はゲームタイムデシジョンとのことです。


vsDETディフェンス

スーフェアVSジェームズ・ストーン
 失点で2位、ヤーデージで1位という数字からも一目瞭然なように今年のDETのディフェンスはとにかくえげつない。ロジャース率いるGBオフェンスを完封したのも記憶に新しいところ。別段特別な守り方をしているようには見えないんですが、とにかくフロントからかかるプレッシャーが異常で、その恩恵でバックスの選手たちが活き活きとプレイしているという印象。要するに4-3の理想系。スーパー行った時のCARあたりが近いですか。
 そしてプレッシャーの中心になってるのがもちろん二人の怪物DTなわけなんですが、これに対峙するのが本来のデプス3番手にしてドラ外ルーキーのストーンというマッチアップ。・・・・・・いや、これは無理でしょう。ミスマッチというのはどの試合でもどのポジションでも産まれるもんですが、恐らく今シーズン最大のミスマッチ。先週もたいがいでしたが更に輪をかけてひどい。先週は2秒もたないOLでしたが今週は果たして1秒もつのか。ただ逆にここまで勝敗がはっきりしてるとOCやOLコーチたちがどう足掻くかが楽しみでもあります。とりあえず私に思いつく策はライアンが怪我しないよう早めにイェイツを生贄に捧げるってことぐらいでした。

ダリアス・スレイ
 これまでDETの試合は ながら見で何戦か軽く見てたんですが、2年目CBスレイが見ていて大変小気味良い。例によって去年のドラフトで結構注目していた選手(上位候補のCBの大半は注目してたわけですが)でミシシッピステート時代は同僚だったジョナサン・バンクスよりだいぶ気に入っていたんですが、見事に開花したようで素直に嬉しいです。
 ということでこの前途洋洋な若者とロディやフリオとのマッチアップは本来なら非常に楽しみだったわけなんですが、そもそも投げられなきゃ意味ないんですよね。あ~あ残念だ。


vsDETオフェンス

パスラッシュ
 ディフェンスとは対照的にDETのオフェンススタッツは現在リーグ下位に留まってます。CJ神の故障もさることながら最大の原因はOLの不振にあるようで。あのギャレット・レイノルヅが一時期RTの先発張っていたということからもその苦労のほどが分かります。
 ほとんど勝ち目の見えないこの試合、唯一勝機が見えるとしたらここぐらい。ゴミレベルのパスラッシュ能力のファルコンズディフェンスではありますが、いっそビーアマンをインアクティブにするくらいの勢いでラッシュ能力最優先でディフェンスを組み立ててほしいです。ランは捨ててマサクワとオシさん使いまくれ。なお現在の先発RTのウェドルは脳震盪でクエスチョナブル、よしレイノルヅ出て来てください。

ジョイク・ベル
 レジー・ブッシュがダウトフルということでランはベル中心になりそう。個人的にブッシュはNO時代そんなにやられた印象がなかったのでむしろゴリゴリくるタイプのベルの方が怖いです。アップザミドルでやられ続けると胃に来ます。上でランは捨てて、とは言いましたがいい加減投資したDTには良いところを見せて欲しい。特に行方不明者呼ばわりされてるタイソン・ジャクソンあなたのことです。


スペシャルチーム
 ヘスターは腐らず一発を狙い続けて欲しい。アップセットはターンオーバーとスペシャルチームから産まれます。


まとめ
 色々書きましたがこの試合、結局一番のポイントは「最弱OLで最強DLに勝てるか」ってことに尽きると思います。そしてその答えは間違いなくNO。これでファルコンズが勝っちゃったらアメリカンフットボールの摂理に反します。摂理に反する事が起こる、それ人は奇跡と言います。NFLは存外に奇跡が起きやすい不思議空間ではありますが、それでも滅多に起きないから奇跡と言うわけで。
 唯一の希望はライアンの対DETの相性くらいですか(3勝0敗)、マイケル・ジェンキンスへのTDパスで劇的デビューを飾ったのもDETでしたし。さあ再び奇跡を起こす事はできるのか。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: