Week16 @NO 展望

 さて天王山  
 (注:標高6メートルくらい)


先にロスタームーブから
 手首の故障で欠場が続いていたアルフォードが手術必須ということでIR入り。奇跡のロンバルディトロフィーへのキーマンになってくれるんじゃないかと期待していただけに非常に残念ですが、しっかり直して来年に期待。代わって今年のドラ5ルーキーCBのリカルド・アレンがPSから昇格しました。

___

 さてやって来ました、15週ぶりの宿敵との一戦は今年最大のマストウィンゲーム。しかし開幕戦なんて遠い昔のことのようです。あの頃はまさか両チーム負け越しでこの試合を迎えるとは夢にも思いませんでした。それでも地区優勝を争う一戦っていうんだからNFLってのは面白いです。

怪我人
 GB戦終盤に負傷し先週欠場したフリオはクエスチョナブルながら練習全休。試合が試合なだけに無理して出てきそうな気もしますけど、果たしてどこまで動けるか。間違っても選手生命を犠牲にするような真似はしないように。この人は真面目すぎるだけに余計な心配をしてしまいます。ロビスキーはちゃんと手綱を握っといてね。
 同じくPIT戦休んだムーアもQ組ですがこちらは練習に参加したようで、出場確率は高め。
 またGB戦に続きPIT戦でも2試合連続の途中退場してしまったアサモアは練習全休のクエスチョナブル。ちなみにアサモアは今年唯一全試合出ているOLということで欠場となれば全OLポジションのスターターが最低1試合は負傷欠場というある意味すごい記録。既にIR入りが5人ということもあわせて考えれば、マイク・タイスは本当に良くやってると思います。


vsNOディフェンス

 開幕戦でケチが付いたというのもあったのか、昨年の強力ディフェンスはどこへやら、SバードのIR入りなどもあってロブライアン率いるディフェンスは一気に地の底まで落ちています。どのくらい地の底かっていうとファルコンズDと同じくらい。うわ、それはひどい。(ヤーデージ:ATL32位 NO29位  失点:ATL26位 NO28位)

 特に深刻なのが私が開幕戦でストロングポイントに挙げたセカンダリーで、バードのアウトはもちろんですが期待の2年目Sバッカーロが大不振でスタメン落ち、そしてキーナン・ルイス以外のCBが誰を相手にしても抜かれまくっているというような惨状なんだそうな。その頼りのルイスにしても怪我がちでなかなか本領が発揮できないでいるようです。
 ということでここは素直に空中戦をしかけていっていいんじゃないかと。フリオの有無はメチャクチャでかいですが、仮に欠場でも今のNOセカンダリー相手ならロディ、ダグラスが普通にプレイすれば十分優位に立てそうです。
 ポイントは2つ、ジュニア・ギャレッテをちゃんと抑えられるか、そしてライアンがまた痛恨のミスをしないか。相方のキャメロン・ジョーダンが精彩を欠く(それでも6サックはファルコンズの誰よりも多い数字ですが)一方でギャレッテはコンスタントにQBにプレッシャーを与える今のNOディフェンスの数少ないプレイメイカーとしての役割をしっかり果たしているようで、こやつをどれだけライアンから遠ざけられるかは試合を大きく左右しそう。両OTはもちろんのことRBもパスプロ集中。
 ライアンのミスについては略。

 ランディフェンスも決して良くはない、というか弱点なんですが、やはり今のOLがしっかりホールを空ける姿があんまり想像できないというのがね。開幕戦でハウリーがでっかい穴を空けまくってたのが懐かしいです。


vsNOオフェンス

 かつてほどペイトンのコールに冴えが見られないといった声や、ポストブリーズなんて話もささやかれたりするものの、なんだかんだで強力オフェンスは健在で、トータルオフェンスは堂々リーグ2位。パス3位ラン9位とバランスも上々。しかしスコアリングでは9位まで落ちるあたりが現在の勝敗に影響しているのでしょうか。

 実は先週のPIT戦ではディフェンスはかなり頑張っていたんですが、やはりボックスに人数を集め積極的にブリッツを入れていたのが功を奏していたという印象。そうなんです、現有戦力でディフェンスを機能させるにはこれ以外道はないんです。よってこの試合もリスク覚悟でブリッツ入れ続けるのを希望。どうせコンサバに守ってもずるずるやられるだけなんですから。
 前のめりに守った事でランディフェンスも機能してました。NO相手にランを出されるとプレイアクションで手がつけられなくなるため、そういう意味でもボックス人数大目のディフェンスにすべきでしょう。一番注意すべきはピエール・トーマスへのパスですが、毛丸が大事故だけは防いでくれるはず。

 レシーバーとDBのマッチアップでは開幕戦で好き放題されたクックスがいないのはでかいですが、こっちもアルフォードがいないため差し引きではイーブン。トゥルーファントは今のコールストン相手なら多分勝てるはず。マクレインはこっからの試合に契約がかかってくるんで気合入れてください。
 ジミグレ対策はあえてなんにもしないで落球してくれるのを祈るってのが個人的には一番よさそうな気が。
 

その他
 NOは無敵を誇ったスーパードームで現在4連敗中という異常事態。少なくとも選手たちはいい気分はしてないでしょう。些細なことでも追い風にしたいところ。


まとめ
 試合展開は普通に考えればシュートアウト。しかしなんでか普通の展開にならないような根拠レスな予感がしてます。まあなんにしても内容度外視で結果だけが求められる試合。スミッティ67年間の集大成をとくと見よ。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: