UFA概観

 FA解禁前にもどってこれるか微妙だったので、こっちから書くことに。まだ全員決まってないコーチ陣については帰ってきてから書きます。


今年UFAになるのは以下の面々
順番は昨年のキャップヒット順です(面倒なので金額は書いてないですが。知りたい方はこちら

オシ・ユメニオーラ (33) LB/DE
ショーン・ウェザースプーン(27) LB
クロイ・ビーアマン (29) LB/DE
マット・ブライアント (39) K
ジャクイーズ・ロジャース (25) RB
コーリー・ピーターズ (26) DT
ロバート・マクレイン (26) CB
ゲイブ・カリミ (26) OL
アントワン・スミス (29) RB
マイク・ジョンソン (27) OT
クリフ・マシューズ (25) DE
TJイェイツ (27) QB
ジョシュ・ウィルソン (29) CB
ファビエル・アリーナス (27) CB
ドワイト・ロウリー (29) S
ベアー・パスコー (28) TE
ドリュー・デイヴィス (26) WR
チャールズ・ゴドフリー (29) S
ジョナサン・スコット (32) OT


 な、長い・・・
 全員見ていくときりがないので重要な選手、ポジションについてちょこちょこと。

 まずフランチャイズタグを張ってでも最優先で引き止めなくてはならないのはもちろんKマット・ブライアント。年齢なんて些細な問題、間違いなく現在リーグ最高のKの一人です。少なくともあと1年は余裕で働けるはず。

 次にSドワイト・ロウリー。ムーアがすぐ壊れるってのもありますけど、何より昨シーズンの安定感は本当に素晴らしかったです。パスカバーもタックリングもデクーとは比較にならないハイレベルなパフォーマンス。先発待遇で3年くらいの契約を希望。

 LBショーン・ウェザースプーンは物凄く微妙な立場。ディフェンスのボーカルリーダーでへっぽこフロントセブンにあっては疑いなく一番のタレントなんですがいかんせん故障が多すぎて。本当の意味で活躍したのは2011年の1シーズンだけ。3-4ILBは全く合ってなかったので4-3OLBに戻れるってのはプラス材料なんですが。とはいえディミトロフはすでにスプーンとの再契約をこのオフの優先事項であると語っているので、まあ残るでしょう。問題なのは値段ですね。複数年契約は怖すぎるので出して単年2Mくらいだと思うんですが、ディミトロフはドラ1に甘すぎるってのが不安材料です。

 DTコーリー・ピーターズは良い時は十分スターター級の働きをしましたが消えてる場面も多く、故障も多くで評価が難しい。まだ若いですし手放すのは惜しい気もするので値段次第でしょうか。

 ポジションの観点から見るとオシさんとビーアマン、ついでにマシューズと3人FAになるDEをどうするか。正直フロントセブンは一部を残して全とっかえしてほしいぐらいなんですが一人くらいは残しそう。一番可能性が高そうなのはビーアマンですが、この一年で私の中の評価だだ下がりなんですよね。うーん、やっぱり全とっかえ希望。

 CBも3人FA。やはり一人は残しそうな気がします。単年契約でチャレンジの年だったマクレインは時折良いプレイも見せましたが2012年の姿には戻れず。もう一回1年契約って可能性もあり。ジョシュ・ウィルソンが意外と頑張ってくれたのは嬉しい誤算でしたが複数年契約の線はなさそう。

 スティーブン・ジャクソンをカットする可能性が6割くらいあるRBも要注目ポジション。クイズは個人的にはすごく残してほしいけどゾーンブロックとの相性を考えると流出濃厚。一方ついにブレイクしたと思った矢先にシーズンエンドと相変わらず不遇なRBアントワン・スミスは怪我の度合にもよりますが、残る可能性は結構あると思います。


 ということでUFAざっと見でした。こうして見ると人数の割りに残したい選手の少なさが目に付きます。とりあえず今年のFAでのポイントは①パスラッシャー②ブライアントの扱い③クインの人脈 といったところでしょうか。

 さて私はしばらく旅に出ます。コンバインを見れないのがメチャクチャ残念ですが多分来月には戻れると思います。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: