ブライアントと3年契約 他

 帰って早々にめでたい知らせ



 3月10日のFA解禁が近づき其処此処でカットや契約延長などのニュースが出てくるようになってきましたが、ファルコンズもFA予定だったKマット・ブライアントとの3年間の契約延長に成功しました。
 私もブライアントとの再契約をパスラッシュ強化に次ぐこのオフの最優先事項に位置づけていただけに非常に嬉しいニュース。この5月で四十路を迎えるおっさんに3年契約とか、普通なら正気の沙汰じゃない、ディミトロフの悪い癖であるデッドマネー上等契約に思えますが、昨シーズンの蹴神様のパフォーマンスを鑑みれば全然あり。だって39歳時点で間違いなく現役最高のKの一人ですから。
 なお金額についてはまだ不明。前回(2011年)結んだ契約が4年10.7Mなので、今回は3年7~7.5Mぐらいじゃないかと思われます。
 さてこうなるとなんとしてもこの3年間で今度こそ初のプロボウル出場、ついでにごっつい指輪もセットにして引退への花道にしてやりたいところ。マクルーアやゴンザレスの時は果たせませんでしたからね。


 またこのビッグニュースに先駆けて、他にもちょこちょこと契約関連のニュースがあったのでこちらも。

・DEクリフ・マシューズと契約延長
 これはビックリ。ノーランの下ではほぼノンファクターでFA流出濃厚と見られていたマシューズがFA予定のディフェンス選手としては最初に引きとめ。HC就任以来クインは恐ろしいほどの時間をファルコンズのビデオを見ることに費やしているとのことですが、DL育成のオーソリティであるクインがマシューズに何かを見出したのでしょう。どうせ安いだろうし特に文句もありません。これでビーアマンもいなくなりそうだし。しかしクインにとって最初の目に見える仕事がクリフ・マシューズとは。
 問題なのはこれでまたしばらくマシューズ姓がチームに2人いるってことぐらい。シーズン終盤から言い出したジェイク坊っちゃんって呼び方も割と気に入っているしまあいいか。


・同じくFBパトリック・ディマルコと契約延長
 シーズン最終戦で超簡単なTDパスを華麗にドロップして一躍ファルコンズファンの嫌われ者になってしまったディマルコとも契約延長。こちらはRFA予定でした。
 あんまり使われなかったけどリードブロッカーとしては割と好きな選手なので異論は特にないです。ただカイルオフェンスはあんまりFBを使わないらしいからHバック的な使われ方が増えるのかな。パスキャッチもあのドロップで印象は最悪ですが全体としては無難にこなしていた気がします。


・LBアレン・ブラッドフォードと契約
 もともとは2011年にRBとしてドラ6でTBに指名され、バックスをカット後SEAのPSに拾われLBに転向。その後チームを転々。昨年11月からはまたSEAに所属し1試合出場。
 最初に生かされたSEAコネクションはなんとも微妙な選手。とは言え現状のLBデプスでは多少なりともクインを知るブラッドフォードには十分に居場所あり。


・WRニック・ウィリアムズと契約
 2013年のWASのドラ外選手。1年目の終盤にPSから昇格しリターナーなどスペシャルチーム中心でプレイ。2年目の昨シーズンはPSから抜け出せず、そのままカット。
 こちらはカイルのコネ。うーん、特にコメントなし。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: