スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ナタ

 ある程度は予想できたとはいえ見事な切れ味



RBスティーブン・ジャクソン,WRハリー・ダグラス,OGジャスティン・ブレイロックをリリース
 3人に共通するのはベテランで高サラリーで昨シーズン怪我で欠場経験があるということ。

 2年前三顧の礼で迎えられたスティーブン・ジャクソンは怪我も多く、年齢的衰えは隠せませんでしたし、何より単純に数字を残せませんでしたからカットは予想通り。ただ一つ擁護するならこの2年間あまりにOLのランブロックが酷すぎたってことは間違いありません。せめて今年ハウリーが早々にシーズンエンドにならなければあるいは別の結果になっていたかもしれません。
 リリースの報道後すぐにファルコンズファンに2年間の感謝の言葉を述べるなど人間性は疑いも無く素晴らしいですし、ちゃんとしたOLさえあればまだある程度のパフォーマンスはできると思いますから、どんな形であれなんとか引退までに勝ち越しを経験してほしいです。

 ブレイロックはプロ入り以来昨シーズン1試合欠場するまでずーっとLGでスターターを張り続けていた鉄人で、まだまだ先発張れる力は十分あったと思いますが、無事是名馬が最大のとりえでパフォーマンスはごくごく平凡な選手に払うにしてはちょっと高給すぎてもともとリストラ候補として名前がよくあがってました。そしてブレイロックのプレイスタイルの真逆をゆくゾーンブロッキング導入という特大の追い討ちによりお役御免。結構愛着のある選手でしたが、こちらも予想通り。

 ダグラスだけはかなりのサプライズ。昨シーズンは故障で5試合ほど出れず500ヤード程度に留まりましたがフリオ、ロディが故障に泣いた2013シーズンに1000ヤードシーズンを達成するなどポテンシャル十分な選手。2014シーズンも出場した試合ではナイスプレイを連発しており前年の成績がまぐれではないことを示していました。
 カットの理由としてはやはり金銭面が最大のファクターだったはず。フリオ、ロディが万全ならあくまで3番手、せいぜいシーズン600ヤードくらいを期待する選手に対し今年のキャップヒット4.4Mはちょっと高すぎましたか。ジョージアネイティブでロッカールームでも非常に信頼の厚い選手らしいのでみすみす失うのはかなり惜しい、金銭的な折り合いさえつけば戻ってくる可能性もワンチャンスあるかもしれないです。

 とまあブライアントとの再契約のニュースから24時間もたたないうちにチームの中心選手3人が切られるという、NFLの厳しさを改めて思い知らされる1日でした。
 もちろん程度の差こそあれ似たようなことは毎年あり、特に2年前はエイブラハム、ターナー、づん太ロビンソンとやはりスターターが3人まとめて切られたことがありましたが、今回と大きく異なるのは2年前の3人がいずれも中途加入の選手だったのに対し、ダグラス、ブレイロックが生え抜き選手ということ。ロディ、バビノー、ジェリー、ベイカーなどかなり生え抜きに甘い印象だったディミトロフ-スミッティ政権でしたがこれからはそうもいかないようですね。ちなみにベイカーを今切るとデッドマネーが今年のベースサラリーを余裕で越えるらしいので切るとしたら6月1日以降。

 なおこの3人のカットで空いた今年のキャップスペースはデッドマネーを差し引くとスティーブン・ジャクソンが3.75M,ダグラスが3.5M,ブレイロックが3.8Mで占めて約11M。このままFA市場が開くとしたらだいたい30Mちょっとのお金でやりくりすることになります。わりとフレキシブルに動けそうですが、ルーキー契約最終年を迎えるフリオとの契約延長などの大仕事も控えてますし、なかなか白熱したマネーゲームが待っていそうです。


ブライアント、クリフ・マシューズ、ディマルコの契約詳細
 マシューズ、ディマルコはともに2年1.5Mというベテランミニマムの2年契約。マシューズにいたってはサインボーナスも無しということで、万一クインの下で開花したら超儲けものというファンの胃に非常に優しい契約。
 ブライアントはだいたい予想通りの3年7.5M、ただしほぼ全試合に出場ボーナスなどがつき、最大で8.5Mくらいまでなる可能性があるとのこと。サインボーナス含めた保証額3.4M(約45%保証)というのは40歳の選手に対してはちょっと出しすぎですが、これまでの貢献を考えればむしろ安すぎるくらいなんで文句ないです。


AM7:30追記
DEジョナサン・マサクワもカット
 去年ほんの一瞬だけ輝いたと思ったら即消えたマサクワもクインの御眼鏡に適わず。とりあえずディミトロフが何巡で指名したかとかはクイン政権ではクソの役にも立たないということはよく分かりました。ここまでバッサリやってくれるといっそ清々しい。しかしマシューズ残しでマサクワカットというのはなかなかに興味深い動きです。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。