スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト総括

 日本の技術力を総動員してACL断裂のリスクを激減させるサポーターとか作れないもんですかね、需要とんでもないと思うんですけど。



 ファルコンズもすでにルーキーミニキャンプ真っ最中ですが今年のドラフトのまとめです。

1-8   ヴィック・ビーズリーJr.(※) DE/OLB 6-3 246 (クレムゾン)
2-42  ジェーレン・コリンズ  CB 6-1 203 (LSU)
3-73  テヴィン・コールマン RB 5-11 206 (インディアナ)
4-107 ジャスティン・ハーディ WR 5-10 192 (イーストカロライナ)
5-137 グレイディ・ジャレット DT 6-1 304 (クレムゾン)
7-225 ジェイク・ロジャース OT 6-6 320 (イースタンワシントン)
7-249 アキーム・キング DB 6-1 212 (サンノゼ州立)

(※)先日登録名決定の際にビーズリーは末尾に「Jr.」をつけることが発表されました。めんどくさいから今後このブログで付けることはほとんどないと思います。

<ニーズ埋め>
 サボってしまったせいでFA後のニーズについて書けなかったんですが、とりあえずざっと考えていたのが

エースが欲しい
パスラッシャー
RB
MLB
FS
TE

三番手が欲しい
CB
WR

よく分からないけど補強必須
OL

 とこんな感じ。うむ、穴だらけですな。上記のポジションいずれもデプス強化以上の補強が必要だと思ってました。ただ先発LGブレイロックが抜けたOLは昨年けが人が多すぎたことと、そんな中でドラ外などの色んな選手がプチ台頭したこと、そしてなによりゾーンブロックとの相性次第で誰が化けるか未知数ということもあって、どの程度の補強が必要なのか外からでは全くわかりませんでした。

 さてそれを踏まえて指名選手を見てみると

エースパスラッシャー(候補) ビーズリー
エースRB(候補) コールマン
エースMLB(候補) なし
エースFS(候補) なし
エースTE(候補) なし
ニッケルCB(候補) コリンズ
スロットWR(候補) ハーディ
OL ロジャース

 と、ほとんどの指名がニーズに合致したものだったと分かります。恐らくコリンズはニッケル扱いではなくトゥルーファントの逆サイドを守らせようという指名でしょうけどアルフォードがニッケルにスライドするならそれはそれでもちろん穴は埋まります。
 上に名前がないジャレットはディフェンス最年長のバビノーからの世代交代枠、キングはドラ7で当たればもうけもののポテンシャルピック(および大型DBコレクターのクインの趣味)と考えれば全ての指名が納得いきます。この納得がいくかどうかってのはファンにとっては意外に重要。

 一方現状のスターターに不安があるMLB、FS、TEに関しては即戦力を獲得できませんでしたが、もちろん1回のドラフトでこれだけの穴を全て埋められるわけはないので妥協は必須。チームが特に求めたのが二桁サックを狙えるパスラッシャーと1000ヤード走れるRBだったというのは感覚的にも納得です。
 一つだけ気になるのは個人的に渇望していたディフェンスの司令塔になれるようなMLBに優先して3人目のCBへ行ったことですが、コリンズの評価が(残っていたILBに比べて)高すぎたということでしょうね。ちなみにドラフト後の会見では今年のトップILBのうち何人かはスキームに合わないと判断していたとも明かしています。残念ですがボビー・ワグナー探しは来年におあずけです。


<バリュー>
ざっくりと色んなモックやスカウトサイトを見た各選手たちの評価は以下のようなもの

ビーズリー トップ10
コリンズ 1巡下位~2巡上位 (単純なタレントだけなら1巡中位)
コールマン 2~3巡 (RB豊作年でなければ2巡)
ハーディ 3~4巡 (WR豊作年でなければ3巡)
ジャレット 2~3巡
ロジャース 6巡~ドラ外
キング 7巡~ドラ外

 と、7巡の二人を除けばジャレットを筆頭にいずれもなかなかのバリューピック。面白いのはRB、WR、さらにDTと今年の豊作ポジションの煽りを受けてドロップした選手をしっかり拾っていることですね。例年ならとれなかったかもしれないタレントを単にBPAというだけでなくニーズ埋めという形で指名できたのは相当に巡りがよかったと思います。トレードアップのタイミングも文句なし。


 というわけで客観的に見てクイン率いる新生ファルコンズ初のドラフトはニーズ、バリュー両面ともに大成功だったと言えるんじゃないでしょうか、少なくとも現時点では。各種媒体での評価もおおむねB+以上のようです。
 一方主観的に見ますと8位でビーズリーが入った時点で100点より下がることはありませんでしたが、さらにハーディ、ジャレットの追加で狂喜乱舞できるドラフトになりました。なお前回同じように狂喜乱舞したのは2007年やはり8位でジャm(以下自主規制

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。