スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフまとめ ⑦ オフニュース

 53ロスター行く前に触れといた方がよさげなニュースに触れときます。


 すでに始まっているロスターカット関係の話はロスター確定後にやります


・フリオと5年間の契約延長
 今シーズンルーキー契約の最終年を迎える予定だったフリオと5年71M(今シーズンを含めれば6年81M)の大型契約を結びました。総額ではメガトロンには及びませんが、デズとデマリアス・トーマスを超えるリーグ2位の金額。保証額は47M。
 昨シーズンはフランチャイズレコードを塗り替えるレシービングヤードを稼ぎ、名実ともにリーグ最高のWRの一人であることを示したフリオ。これからキャリアの絶頂期を迎えることを考えれば納得の契約です。ただドラフト以来「最低でも殿堂入り」がノルマとなった選手ですからこれから6年、大きな怪我をせずトップクラスのパフォーマンスを維持してもらわんと困ります。


・ブルックス・リード手術
 昨シーズン痛めたというグローインの故障の影響でキャンプを休んでいたリード。ようやくプレ2戦目から復帰したと思ったらプレ3戦目で再び同じ箇所を痛め、手術に踏み切りました。既に手術は終わっており、おそらく開幕から6週間程度は出場できないだろうとのこと。移籍直後のグローインの故障というとエイブラハムを思い出しますが、早期復活を祈るのみですね。先発確定枠でしたから53ロスターにも色々と影響がありそうです。


・OGアンディ・レヴィトリをトレードで獲得
 代償は来年の6巡と2017年の下位指名権(活躍に応じて変動)。
 2年前に鳴り物入りでBUFからTENへ移籍したものの全く期待に応えられなかったレヴィトリですが、BUF時代はゾーンブロックスキームで活躍していたということで、慣れ親しんだスキームに戻ることで復活する可能性があるかもしれません。


・アサモアの謎
 ロスターカット関係は別枠と言ったけど、これだけはあまりに謎なので特記しときます。
 昨シーズン大型契約でFA加入し、次々とOLが倒れる中一人孤軍奮闘していたアサモアですが、今オフ新加入のチェスターに先発RGの座を奪われてしまいました。ブレイロックが抜けたLGも安定していないのでそちらに入れればいいんじゃないかと素人目には思えるのですが、カイルはかたくなにアサモアを先発で起用することを拒否。更に上記のレヴィトリ獲得も重なり、アサモアの立場は一気に不安定に。カイルに気に入られてないのは明らかなものの、現地金曜の時点でチームはアサモアをトレードするという噂は否定。どうするつもりなのか本気で読めません。恐らくあと数時間もすれば結果は出るのでしょうが、年俸5Mの控えを置いておくとも考えにくいですから、どんな形であれチームを離れる可能性濃厚だと思われます。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。