スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 ロスター紹介 オフェンス編

 ここ数年1試合交代制だったチームキャプテンですが今年はライアン、ウォリロウ、ウィームスの3人に決定しました。ウィームスはちょっと驚きですがオフェンス、ディフェンス、スペシャルチームから一人ずつということなんでしょうね。



今年のオフェンスのキーワードであるカイル・シャナハン率いるアウトサイドゾーンブロッキングランですが、あまりに長いので以下ZBS(ゾーブロッキングスキーム)と略しています。


QB
#2 マット・ライアン
ついに三十路を迎えベテランの域に入った我らがフランチャイズQB。ここ数年はコエッターさんとフリオ効果でディープパスとスクリーンパスの人になっていたが、もともとはショートパスとプレイアクションが最大の武器というWCO仕様のQB。カイルの下では本来の姿を取り戻すはず。4年ぶりに必殺ブーツレッグが輝く。

#12 ショーン・レンフリー
イェイツとの低レベルなバックアップ争いに勝利した3年目。レベルの差はさておきライアンと同じく典型的なポケットパサーのためプレイブックはそのまま使用可能。とはいえこの人の名前を一年間聞かないのが理想なのは言うまでも無い。

RB
#26 テヴィン・コールマン
オフェンスの新たな顔になって欲しい今年のドラ2。カレッジ時代は(所属カンファレンスにおける)弱小校の弱小ラインでシーズン2000ヤードを達成した稀代のビッグプレイメーカー。フリーマンとはほぼ同時に同じ場所(ハムストリング)を故障するくらい仲良し。フリーマンより故障からの直りが早かったこともありデプス1番手の座を獲得。

#24 デヴォンテ・フリーマン
コールマンとワンツーパンチを形成予定の去年のドラ4。コールマンと比べるとスピードやビッグプレイ能力では遠く及ばないもののレシーブ能力や小回りでは上とかなり違いがはっきりしてるためシチュエーションごとに使い分けることになりそう。故障でプレ全休だがZBSとの相性は上々との評判。

#33 テロン・ウォード
RB陣のハムストリング禍で急遽つれてこられたドラ外FA。ビーバーズ出身のちびっ子RBと今は無きクイズを彷彿とさせる面もあるが、33番つけたらターナーに見えるくらい意外とガタイがよく、加入初日にビーズリーをブロックでノックアウトしたことが話題に。ワンツーパンチが故障明けのため、そこそこ出番もありそう。

FB
#42 パトリック・ディマルコ
センセーショナルなデビューを飾った競争相手のムーニー軍曹がIR入りしてしまったため消去法的に勝ち残り。その経緯からファンの期待は低いが、ブロックもレシーブも及第点レベルにはある。事前の噂と異なりカイルがクラシカルなIフォーメンションを使うことが判明したため役割はそれなりに大きい。


WR
#11 フリオ・ジョーンズ
ファルコンズの数少ないスター選手。大型契約も結びチームの歴史に残るWRへとひた走る。コエッターさん時代のようなとりあえずフリオに投げとけというようなフリオ大作戦の割合は減ることが予想されるがオフェンス最大の武器であることには変わりない。

#84 ロディ・ホワイト
ここ2年故障に悩まされている元エース。今年も肘を痛め、人生初という手術に踏み切った。ただ平常時ならば困ったときのチェーンムーバーとして非常に頼りになる選手。去年もなんだかんだで1000ヤード近い数字は残してる。ショートパスが増えるようなら活躍の機会も増えるはず。

#85 レナード・ヘンカーソン
カイルが良く知るWASからやってきた大型WR。サイズ、スピードともに申し分のない素材ながら故障もありWAS時代は不完全燃焼で終わってしまったがカイルからの信頼は依然厚い。ロディ故障明けということもあり、特にシーズン序盤はかなりの出番が予想され、そこで活躍するようだとブレークの可能性もあり。

#16 ジャスティン・ハーディ
ドラ4ながら期待の大きいパスキャッチマシーン。キャリアレシービング数のFBSレコードホルダー。ただプレではイェイツら控えQBとの呼吸が全く合わずミスを連発。プロに馴染むのにはもう少し時間がかかるのか、それともQBがライアンなら問題なく活躍できるのか。

#17 デヴィン・ヘスター
ご存知リターンの神様。プレシーズンでもあわやTDというパントリターンを見せ、老いてますます盛んな所を見せる。昨シーズンはWRとしても予想外の活躍を見せるが、今年はデプスの関係で出番は限定されるか。なおキャンプ終盤につま先を痛め、開幕戦はお休み決定。

#14 エリック・ウィームス
かつてファルコンズ在籍時はリターナーとしてもガンナーとしても大活躍していたスペシャルチームのスペシャリストでついたあだ名が「Special Weem(s)」。しかしCHI移籍後はヘスターのためリターナー職にはつけず、ファルコンズ復帰後もヘスターのためにリターナーになれずという運命をたどる。しかしカバーチームではあいかわらずキレッキレな動きを見せている職人。

#15 ニック・ウィリアムス
地味にデッドヒートを繰り広げていたWRのロスター競争で7番目に滑り込んだ男。もともとはカイル時代の2013年のWASのUDFA。プレでの動きは軽快そのもので白人ちびっ子WRということもありどうしてもエデルマンとかウェルカーといった名前が頭に浮かぶが多分気のせい。


TE
#83 ジェイコブ・タミー
ゴンザレス引退後1年間不在だった「実績のあるレシービングTE」枠。もちろんゴンザレス神とは比べるべくもないとはいえ、ロロの成長に全てを委ねてシーズンインを迎えるという暴挙に至った昨シーズンと比較すれば大きな進歩。とはいえ過去2年の合計レシービングヤードが300ヤードに満たないということで、あまり過度な期待をしすぎてもいけない。

#80 レヴィン・トイローロ
昨シーズンは史上最高のTEの穴を一人で埋めるというあまりに無茶な任務を命じられた結果見事に爆死。1試合4落球なんて試合もあって周囲から猛烈なバッシングを受ける。しかし批判の中でも真面目にトレーニングを重ねた結果、このオフ見事な成長の兆しを見せる。もともと素材は一級品、ブロッキングもまずまずなのでタミー加入で負担が減れば大化けの可能性も。


OL
#70 ジェイク・マシューズ
エリート一家に生まれた昨年のドラフト全体7位様。しかし開幕戦で足首捻挫。さらに完治していないにもかかわらず痛みをこらえて強行出場したところ、パフォーマンスが悪化しただけでなく更にあちこち故障するという最悪の結果に。PFFでは見事全スターティングLT中最低の数字も獲得。オフに足の手術をし、今も万全とは言い難いが、この男がブラインドサイドを守れないようだとファルコンズの未来は暗い。

#67 アンディ・レヴィトリ
BUFからTENに大型契約でFA移籍するも2年間散々な内容でついに下位指名権とトレードという形で放出されたかつてのビッグネーム。そんな選手がファルコンズ入団1週間で先発LGに指名されたのはファンとして果たして喜ぶべきなのかどうか。輝いてたBUF時代はZBSだったということもあり復活にかけたいところ。

#68 マイク・パーソン
ドラ外からプロ入りし今年で5年目。PSと53枠を行ったり来たりしながらのらりくらりと生き延びてきたジャーニーマンでプロ入り以来先発経験は1度もない、そんな選手が今年のファルコンズの正C。プレを見てもどの辺に魅力があるのか全くの謎。カイルの選手を見極める能力の一つの目安となる選手。

#65 クリス・チェスター
去年の大型FA選手であるアサモアをあっさりと押しのけて正RGに早々に指名されたWAS産のFA加入選手。カイルオフェンスを良く知っているというのが最大の武器だが、RG3を殺した戦犯たちの一人であることも忘れてはならない。カイルの選手を見極める能力の一つの目安となる選手2号。

#73 ライアン・シュレーダー
昨シーズンベイカーのシーズンエンドを受けマシューズの代わりに正RTへと昇格したドラ外3年目。良くも悪くも平均的な選手で普通の相手にはそこそこやるが、格上にはからっきしというタイプ。しかしこんなんでも先発OLの中では不安材料は一番少ないという事実。

#79 タイラー・ポロンブス
チェスター同様WAS産のFA。例によってカイルオフェンスの理解力というアドバンテージはあるが、プレを見る限りでは53人に入ってはいけないレベル。OTのあまりの層の薄さによって消去法で残ったという印象で、なんとか名前を聞かずにシーズンを過ごしたい。

#72 ブライス・ハリス
ファイナルカット後にNOからやってきた出戻り男。2年以上全くプレイを見てはいないがポロンブスよりは期待はできるかも。

#62 ジェイムス・ストーン
昨シーズンドラ外から53枠に残ったと思ったらハウリーIR入りを受け先発に昇格。全体的に見ればNFLの平均以下ではあるがDET戦でスーさんに互角以上で張り合うなど思わぬサプライズもあった。不安の塊であるパーソンの後ろに置いとく存在としてはなかなか心強い存在。なお今年のプレではLGとして先発もしていたが、そっちで使うのはやめといた方がいいことが判明。レヴィトリにあっさり先発の座を譲ったのも納得。

#66 ジノ・グラカウスキ
ファイナルカットでDENを出されたところを購入。BAL時代は1シーズン全試合先発経験もあり、パーソンよりはよっぽど期待できそう。ZBS経験もあり2,3週間後に先発Cになっていたとしても驚かない。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。