スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Week 1 PHI戦 展望

 昨夜は普通に寝る予定だったのに朝方まで観戦してしまったせいで既にボロボロ。でもやっぱこのスポーツめっちゃ面白いですね。



 記念すべき新生ファルコンズの開幕戦は鬼才チップケリー率いるPHIとのマンデーナイト。いきなりのホームでの全米中継です。
 チップケリー就任以来2年連続二桁勝利を挙げながら、QBスワップをはじめ大規模な改革を行いこのオフシーズンの主役となっていたPHI。数年前まではほぼ毎年のように対戦が組まれていましたが、ここ最近は順位が合わずチップケリー就任後は初めての対戦です。

怪我人
 当然ながらブルックスリードはアウト。あとはヘスターが既にアウト確定でウィームスやニック・ウィリアムスがリターンをする予定。
 他にも故障持ちの選手は多いですが全員プロバブル。ほぼフルメンバーで開幕を迎えることが出来そうです。

vsPHIオフェンス
 ノーハドルから繰り出される超アップテンポなスプレッドオフェンスを軸としたチップシステムの破壊力は周知の通り。QBがサンチェスでも勝てるほど完成されたシステムで、新司令塔のサム・ブラッドフォードも輝いていたオクラホマ大時代と良く似たシステムということで見事にフィットしているっぽいです。サポーティングキャストも「誰が出てきてもプロボウラー」なRB陣に次代のスター候補揃いのレシーバー陣ととても豪華。サムがパーフェクトなパフォーマンスを披露したプレ3戦目を見る限り、ちょっと止められる気がしません。
 しかしながら昨シーズン唯一PHIオフェンスをほぼ完封することに成功したのが誰あろうクイン率いるSEAディフェンス。SEAはタレントが~という意見は百も承知ですが、それでも「クインはチップシステムの守り方を知っている」と言うことはできるのではないでしょうか。逆に言うとこの試合守備が崩壊するようだと「クインのSEA時代の功績は全て選手の能力によるもの」という想像したくない現実を突きつけられることに。
 ちなみにDCのリチャードスミスはPHIオフェンスに対して特別な対策はあるのかと聞かれて「相手によって戦い方を変えることはしない、自分達のディフェンスをするだけだ」と発言してます。うーむ、それで勝てれば最高なんですが。

 とりあえず観戦時の注目点としては

・ビーズリーvsジェイソン・ピーターズ
 まあやっぱここ。いきなり最強格とのマッチアップになってしまった我らがドラ1様。サムのクイックリリースもあって正直大きな成果は厳しいと思いますがなんとか今後への期待に繋がる形を見せてほしい。まかり間違ってピーターズ相手にサックでも挙げようものならジャージぽちります。

・トゥルーファント以外のDB陣のカバー
 プレ全休とはいえトゥルーファントがフィールド半分(もしくはレシーバー一人)を完璧に封じるのは勝利のためにはほぼ前提条件。それをクリアした上で他のDBたちがどれだけカバーでDLに時間を与えることが出来るか。特に4人5人とレシーバーを送り込まれた時に出てくる控え選手たちのパフォーマンスはこの試合だけでなく今シーズンのディフェンスを左右することになりそう。

・vs最強RBトリオ
 なんか普通にやられる姿しか思い浮かばないのですが、今年大幅な強化に成功したはずのフロントセブンがリーグトップレベル相手にどれだけやれるかはやはり気になります。デュラントが大暴れするようならあるいは。

・サードダウンロング
 ちょっとくらい改善されてて欲しい。

・ターンオーバー
 現実的に考えてこの試合で守備が勝利に貢献するとしたらこれですよね。マーレイも去年5ファンブルとボールセキュリティは決してよくはないですし、トータルTOレイシオで最低でも+2くらいは欲しい。
 

vsPHIディフェンス
 PHIディフェンスはオフェンスほどビッグネームがいるわけではないですが、キャリアハイの14.5サックを挙げたコナー・バーウィンを筆頭に強烈なパスラッシュが持ち味・・・なんですかね?すみません、チップケリーの印象が強すぎてPHIディフェンスについてあんまり良く分かっていません。
 なので相手関係なくファルコンズオフェンスがやりたいことという点重視で注目ポイントをば。

・ゾーンブロックランは機能するのか
 RB二人が故障しほぼプレシーズンに出れず、更に開幕直前にOLもシャッフル。はっきり行って現在シャナハン一家の伝家の宝刀がどこまで形になっているか見当も付きません。少なくともプレ見た限りでは相当厳しいという印象なのですがはたしてシャナハンマジックは炸裂するのか。とりあえずハードルは高めにトータル100ヤードと設定しておきます。

・OLは本当に大丈夫なのか
 上とも関連しますがやはり今年のオフェンスがうまくいくかどうかはここにかかってます。シーズン開幕前で怪我人が出たわけでもないのに既にパッチワーク状態という奇怪極まりないOLで本当に戦っていけるのか。今質問されたら私はNOと答えるんですが、カイルは謎の自信がある模様。

・WCO仕様のライアン復活
 ロスター紹介記事でも触れましたが久々にショートパスやプレイアクションを主体としたオフェンスに戻ることになりそうです。ライアンやレシーバー陣のオフェンス適正には全く不安はなく、そこにコエッターオフェンスで身につけたロングパス能力も加わるパッシングアタックは非常に楽しみ。PHIはFAでCBマックスウェルを獲得していますがそれ以外のDB陣はそこまで強力には見えないので勝機は十分にあるはず。

・ロロは本当に成長したのか
 2TEセットも増えるはずなのでじっくり確認したいと思います。


その他

・2ptコンバージョン対策
 チップケリーなら間違いなく点差関係なく狙ってくるはず。毎回2点狙いだったとしても驚きません。特に接戦時は勝敗を左右しかねないポイントなのでしっかり対応してほしいところ。

・クラウドノイズ
 ノーハドルオフェンスに対してホームのクラウドノイズというのは大きな武器になるはず。このオフひどいケチがついてしまったジョージアドームの声援だけに現地のファンたちはアホなことしなくても大きなクラウドノイズが出せるってところを見せないと。なんてたって全米中継の開幕戦なんですから。


まとめ
 正直なところ1.PHIオフェンスを止められる気がしない 2.OLが機能する気がしない という二つの点だけで既に勝てる気がしません。しかし強敵相手に新HCの門出を飾ることができれば一気に勢いが付くはず。開幕戦なんて一番予想が出来ない試合ですし、クインを信じて見守ろうと思います。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

redgun : 2015/09/15 (火) 01:26:57

プレ3のイーグルスはファンじゃなくてもご飯3杯ものでしたww真っ向勝負で17点におさえたら、えっノーマークAtlD#何?ってなるでしょうね。プレシーズンみる限り6割くらいいけるきがします。故障0ならば(ムーアくらいは生け贄が必要ならしょうがない)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。