もろもろ

 あけましておめでとうございます

 帰省先の実家にネット環境がないので、正月早々真夜中に家を抜け出しネカフェへ逃亡中です。

 当然情報収集などまったくできておらずバックス戦の展望など書けるわけもないので、ここ数日のファルコンズ関連のニュースをざっとまとめることでお茶を濁したいと思います。


・GB、DET戦の先発はフリン
 いきなりファルコンズと直接関係ない話ですが、ある意味一番影響の大きなニュース。ファルコンズがプレイオフで第5シードを獲得するにはDETの敗北(or引き分け)が絶対条件なわけで、すでに全勝が消え第1シードが決まったチームがエースQBを温存するのに文句をつけるわけにもいきませんが、ホームでの地区内ライバル対決なんだからもっと気合入れやがれという思いはあります。すごくあります。だって第6シードで@NOや@SFで勝てる気が微塵もしないんですもの。


・CBケルヴィン・ヘイデン LBマイク・ピーターソンがIR入り
 結局こうなりましたか。ヘイデンが徐々に復帰に向かっているとかいう話はいったいなんだったんでしょうか。
 う~ん、どうしても昨シーズンのニッケル ブライアン・ウィリアムズのことが思い起こされてしまいます。すでに何度か言及しているように第1シードとしてGBをホームで迎えたプレイオフの一戦における大敗の最大の戦犯はウィリアムズの負傷により代役としてニッケルに入ったクリス・オーウェンスでしたが、どうも今年も同じことが起きる気がしてなりません。今回の戦犯はオーウェンスでなくフランクスになるかもしれませんが。
 
 ピーターソンはベテランらしい良いプレイが目立っていただけに残念。もしかすると彼のプレイを見ることはもうないかもしれません。スティーブン・ニコラスの状態も依然よくないようで、代役は3年目のスペンサー・アドキンスになりそうです。スペシャルチームでは時々いいタックルも見せていましたが、はたしてディフェンスとしてどんなプレイができるのか、バックス戦での最重要観戦ポイントになりました。LB育成に定評のあるスミッティのもとで3年間ただくすぶっていたわけではないところを是非とも見せてほしいです。

・二人の代わりにロスター入りしたのはWRケヴィン・コーンとLBロバート・ジェームス
 すみません、よく知りません。これから調べます。


・プロボウル選出者はゴンザレス一人
 これはまぁ仕方ないですか。ロディは非集中時に多発した落球が大きかったですし、スプーンも4-3OLBというポジション自体が不利(どうしてもサック数が伸び派手な活躍ができる3-4OLBに注目が集まる)ですから。
 あともしかするとファルコンズの試合を見てない人がいるかもしれませんので一応言及しておくと、ゴンザレスの選出は決してネームバリューによるものではないです。ファルコンズ唯一の超一流選手です。
 しかしゴンザレスといいチャールズ・ウッドソンといい、彼らはいつになったら衰えるんですか。


・ゴンザレスと1年の契約延長
 エクセレント。こんな感じで彼のやる気が完全に失われるまで単念契約を繰り返してジェリー・ライス越えとスーパーボウルリングを狙わせ続けてあげるべきだと思います。


 13:00の試合の開始には間に合いませんでしたが取り急ぎこんな感じで。

 TB戦では大怪獣ルガレット・ブラントの大暴れをどれだけ抑えられるかに注目しておきます。いっそぼろ負けしてBVGが急遽クビになった方がプレイオフで勝てる可能性が高まる気がしますが。

 
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: