FA前ロスター確認 ディフェンス編


 今やってしまわないとFA解禁に間に合わなくなりそうなので突貫作業で投下。それにしてもディフェンスは主力選手のFAが多く、どのポジションもオフェンスより遥かに先が見えにくいです。いろいろと予想するうちに無駄に長くなってしまいました(特にDE)。





 オフェンス編もそうでしたが、基本的にFA選手以外の動向(トレードやカットなど)はほとんど考慮に入れてません。そこまで考えると本当にキリが無くなってしまうので。でももしベイカーさんが来シーズン先発だったらフロントに失望します。



<DE>
ジョン・エイブラハム(UFA)/レイ・エドワーズ/クロイ・ビーアマン(UFA)/ローレンス・シドブリー/クリフ・マシューズ

 デプス上位3人中2人がUFAというDEはこのオフの最注目ポジションの一つ。先日お伝えしたとおりエイブラハム離脱がほぼ確定で、その穴埋めをどうするかという問題に直面しています。
 候補としては a)FAやトレードで先発級選手獲得 b)ドラ2でスター候補獲得 c)ビーアマンを引きとめ先発に d)シドブリーorマシューズの覚醒期待 といったところ。なおa,b,dの場合でもビーアマン引きとめが無くなるわけではありません。
 とりあえずdは無謀すぎます。シドブリーはなにげにエイブラハムに次ぐ4サックを記録していますが、スピードにまかせてQBに突っ込む以外何もできない選手という印象で、一度ブロッカーに捕まればアウト、それにランに対してあまりに無力です。とりあえずあと1年はバルクアップと技術と頭を磨かなければ到底先発は任せられず。マシューズは早くローテーション要因になるように。
 次にaですが、恐らく1人は獲得するでしょうが、既に昨年投資済みということもあり、ファンの間で噂になっているオシ・ウメニヨーラのような大物や、若くて二桁サックを期待できるトップクラスのDEを獲る可能性は低いかと。獲るなら比較的安くすみそうな当座しのぎのベテラン選手か伸び悩んでいる若手だと予想します。そうした視点で物色していて真っ先に私の目についた選手はジャマール・ア(ry
 生え抜きパスラッシャーという言葉に心底憧れる私としてはa,b,cの複合というのが願望込みの予想。グライムス残留ならDEのドラフト優先順位は上がりますし、幸い今年のドラフトはパスラッシャーが豊作らしいので一人くらい55位にふゅーちゃーほーるおぶふぇいまー様が落っこちていることに期待。彼が育つまで実績あるベテランとビーアマンがサポート、という夢を見ました。ちなみにビーアマンはとりあえず1年契約で様子見で。

 補強優先度 A  オフに動く可能性 A+


<DT>
ジョナサン・バビノー/コーリー・ピータース/ペリア・ジェリー/ヴァンス・ウォーカー(RFA)/カールトン・パウエル

 DEとは打って変わってDTはディフェンスで一番動きが少なそうなポジション。信頼できるベテラン(バビノー)と前途洋洋な若手(ピーターズ)という先発陣は理想的。Xファクターとして忘れられたドラ1ジェリーの起死回生の覚醒といったものもあり、怪我さえなければユニットとしては大きな問題はなし。ただバビノーは年齢的にそろそろ下り坂ですし、昨シーズンは負傷欠場もありました。首脳陣がジェリーに見切りをつけるようならもしかするとFAで動きがあるかもしれませんが、優先順位としてはかなり後ろの方だと思います。
 あとNTタイプの選手がいないのが少し気になるところでしょうか。ノーランは4-3続行を明言しているものの、シチュエーション次第で3-4を使うことも予想されており、ドラフト下位で素材重視の指名があるかもしれません。

 補強優先度 E  オフに動く可能性 D


<LB>
[MLB] カーティス・ロフトン(UFA)/アキーム・デント
[OLB] ショーン・ウェザースプーン/スティーブン・ニコラス/スペンサー・アドキンス/ロバート・ジェームス [IR]マイク・ピーターソン(UFA)

 さてこちらもいろいろと問題のポジション。ロフトンについては情報が錯綜してますが、とりあえずGM,HCが強く残留を望んでいるという言葉が本心であることを信じてロフトン残留、ピーターソン離脱(引退)として考えます。
 ロフトン、スプーン、ニコラスの先発陣は若さ、経験、実力ともに十分。一方控えはびっくりするほどスッカスカ。ピーターソンが去れば出場経験がほとんどない2年目、3年目の選手しかいません。したがって実績あるベテラン選手が喉から手が出るほどほしいです。理想は試合経験豊富で、控えでもベテランミニマムでも文句言わず、怪我に強く、内外両方守れる選手。どっかにそんな人いませんかね。あ、ブルッキ(ry

 補強優先度 C+(ロフトン離脱ならA)  オフに動く可能性 B(ロフトン離脱ならA)


<CB>
ダンテ・ロビンソン/ブレント・グライムス(UFA)/ドミニク・フランクス/クリストファー・オーウェンス/ダリン・ウォールズ [IR]ケルヴィン・ヘイデン(UFA)

 既報の通りグライムスも残留するものとして考えられるなら、大分見通しが明るくなります。先発二人は安泰。現地ファンの間ではづん太に対し非常に厳しい批判が散見されますけど、私の評価はかなり違います。確かに高すぎると言う人の気持ちはよくわかりますし、おせじにも金額に見合うほどの一流CBとは言い難いでしょう。それでもなお、優秀なCBがチームに最低3人は必要といわれるなか、リーグ全体におけるCBの供給が圧倒的に足りていない現状において長く安定したプレイを期待できるCBと長期契約したことは慧眼だったと思っています。「高いけど高くない」というのが私のづん太評。グライムスもなんとかフロントといい関係を築いて長期契約を結んでほしいところです。
 問題がニッケルバック。ヘイデンが元気だったときは非常に安定していただけに、本当に虚弱体質がうらめしいですね。どうもヘイデンとの再契約の目はほぼないようなので、来期の本命はオーウェンスをシーズン中に追い抜いたフランクス。プレイを見てもオーウェンスよりは明らかにいい動きだったので、成長に期待します。ただ安泰というわけでは全くなく、昨季のヘイデンのような掘り出し物を探したり、あるいはドラフト下位での指名の可能性は十分あります。

 補強優先度 B-  オフに動く可能性 B-


<S>
[SS]ウィリアム・ムーア/ジェームス・サンダース(UFA)
[FS]トマス・デクー(UFA)/シャーン・シュリンガー(カナ表記微妙)

 さてラスト。ここも4人中2人がUFAと動向が気になるSですが、地味なポジションと言われる宿命か、UFA二人についての情報がほとんど見つかりません。個人的にはSは好きなポジションランキングでは上から数えたほうが早いんですけどね。
 私の希望を言えば両者残留希望です。デクーはシーズン終盤完全に復調してましたし、ムーアが怪我がちなこともありSS,FS両方できるサンダースが控えにいる意味は非常に大きいです。それに今年はドラフトもFA市場もSが不作らしく、若く経験のある先発選手を手放してしまうと代わりを見つけるのに相当苦労しそうですし。
 ただ逆にこの不作さゆえにデクーの市場価値は実際の価値以上になる可能性が高く、デクー自身も自分の売り時と考えていると思われます。なのでファルコンズが金を出し渋るようだと大型契約を求めて去ってしまう可能性大でしょう。この辺り、ノーランのシステムがどのようなSを求めているか、またどれくらいSを重視するかといったことも大きく影響してきそうです。

  補強優先度 UFAの二人次第  オフに動く可能性 UFAの二人次第



 とりあえずこれで終了。あー疲れた。所用につきしばらく更新は無いと思います。
 スペシャルチーム編はさすがに省略します、ただ以前も言いましたがウィームスは絶対引き止めてほしいですね。KRとPRを1から探すのは大変ですし、そもそもあのキックオフルールが来シーズン以降も継続ならKRスペシャリストにロスター枠を一つ割くのは愚策。両方ハイレベルでできる選手の価値はルール改悪によって増したと思います。


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

redgun1978 : 2012/03/01 (木) 14:18:11

ディフェンス編キター。
補強案、非の打ち所もなくほとんど同感でしたw
実はわたしもづん太こと男亭ことロビンソーnは推しメンでして、現にうちのD#スナッププレー数の97.1%に出場(NFLで11位、1位は100%のフィネガン)、どんな状況でも使い勝手がある、縦へのカバーは目を瞑って運任せかオーウェンスかセーフティ任せにしちまえばいいしww。ノーランのアグレッシブスキームでGBのウッドソンを超えるのは間違いないと勝手に確信しております。改・ウミウシな人さんのドラフト企画も始まりますしまだまだNFLで食っていけますね。

ほとら : 2012/03/10 (土) 22:01:34

返信が遅くなって申し訳ありません。

私にはスキームと選手の相性などについて語れるほどの知識はないですが、それでもBVGがロビンソンを活かし切れていないという思いは強くあったので今年のプレイがとても楽しみです。

あのオフ企画はすごいですねぇ、今はなきPatsLifeさんもそうでしたが、日本のNFLファンにとって こういったことを進んで企画実行してくれる方がいるということは本当にありがたいですね。
オフシーズンでこれだけ盛り上がれるというのは他のスポーツファンにはなかなか得られない特権ですし、目一杯楽しみましょう。

管理人のみ通知 :

トラックバック: