アサンテ・サミュエルのトレード 正式に成立の模様

 朝一で確認、記事投下の予定だったんですが見事に今朝は二度寝&遅刻ギリギリになってしまい、今日は一日じらしプレイ継続になってしまいました。


 前回の記事で、契約年数はPHI時代のものそのままで残り2年と言いましたが、トレードの前にPHIとサミュエルの間で期間延長を含む新契約を結び、それをATLとの契約に流用という形になったようです。
 新たに結ばれた契約は3年18.5M(ちなみにもともとの契約では残り2年約21M)内訳はまだ不明です。また交換条件は希望的観測をさらに下回る7巡指名権(全体229位)となりました。
 
 
 ここまでひたすら地味な動きに徹してきたディミトロフと愉快な仲間たちですが、ここで大きく動いてきました。色々と思うところはありますが契約内容の詳細と、犠牲になる可哀相な方々を見てからまた感想を書こうと思います。(なんて冷静なふりしてますが、実際は相当喜んでます)

 しかし7巡ですか、口元がにやけるのを押さえられない反面、安すぎて逆に不安になります。実はとんでもない問題児だったとかないよね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: