スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレ1戦目

17-31で敗北。ただファーストチームが出場した前半は17-7とBAL相手に上々の内容。後半はなぜか記憶に残ってません。


 取り急ぎ、さらっと一回見た雑感をば。基本的にはファーストチームがプレイしたあたり(2Q中盤まで)が中心です。なんせ途中から恐ろしい睡魔に襲われてしまったもので。

・選手紹介、コックスがマヘーリに変身し、お休み中のピーターズがなぜか先発出場。大丈夫かアトランタローカル放送(ちなみに後半コンちゃんもハウリーに変身、トップピックくらいちゃんと覚えとけ)
・OL先発は予想通り左からベイカー,ブレイロック,マクルーア,レイノルズ,クレイボー
・予想外の欠場だったのはダグラス、TENとの合同練習時ケガしてたらしいです。あとスネリングも欠場(詳細不明、サイドラインでは元気そうでした)。グライムスは出場。

・さて試合

・なんだこのパスハッピーチームは
・レシーバー陣絶好調
・数字的にはフリオが目立つ(6キャッチ109yd)も、むしろ印象的だったのはロディ。身体のキレがパない。
・”陣”といいつつこの二人以外行方不明になってたようですが

・ライアンは何度か3ステップからミドル以上を投げて成功させてたのが印象的でした
・やっぱりこの人の生命線はタイミング、これがうまくいくようなら10シーズン以上の成功率と11シーズン以上のパスヤードもあり得るか

・ベイカーさんレイノルズさん、色々とすみませんでした。
・でもまだ信用はしてません、本番で結果残してもらわんと
・なおカーンズはまだ時間がかかりそうな印象

・RBはもうクイズ先発でいいんじゃないでしょうか

・先発KRはクイズ、PRはフランクス
・フランクスは2度目のPRですばらしいリターンを見せる
・が、ユーウィングがそのプレイの最中左足負傷、かなり重そう。シーズンエンドも覚悟しときます。

・ディフェンスは基本4-2-5
・ニコラスは怪我の後遺症を感じさせないナイスプレー、スプーンも動きはまずまず

・目玉のCB陣は早々にセカンドチームに変わったためよくわからず、でもオープンフィールドタックルは意外なほどよかったです。まさかサミュエルはこの歳で弱点克服しましたか。

・結果はともかくノーランのプレッシャーディフェンスの片鱗は十分確認

・4-2-5ということでデントはファーストチームではほとんど出番なし
・しかしフィールドに立ったらナイスブリッツ成功
・と思ったらその後スペシャルチームでコンカッション
・動揺を隠し切れないスミッティ、あの隠し切れなさっぷりは尋常じゃなかったです、ちょと萌える
・萌えてる場合じゃない
・LBどうすんですか、まじで。チャニング・クラウダーでも呼びますか
・なにはともあれ脳震盪の程度が軽いことを祈ります。

・ちなみに控えLB陣で目立ってたのはPS上がりのロバート・ジェームズ
・実はこの人については結構前から調べてたんですけど、地元ファンの間ですこぶる評判が悪かったので取り上げてませんでした。
・恵まれた身体能力と残念なフットボールIQを併せ持った男とのことでしたが。
・5年目にしてまさかの才能開花はあるのか、チーム事情がチーム事情だけに無茶を承知で期待します。

・セカンドチームでもCBオーウェンスを見た記憶がないんですが、マクレインに抜かれましたか(※追記:オーウェンス欠場してました、そりゃ記憶にないはずだ)
・そのマクレインはジェームズともどもセカンドチーム以下で目立った数少ない選手、これは楽しみ。

・ボッシャーはキーマンになれる
・NOのモーステッドと地区内最高P争いが楽しみです(ケーネンはもう超えてる)

・しかし第3Q以降は本当に印象が薄い
・つまりデプスが薄い
・これがオジー・ニューサムとディミトロフの力量差なんでしょうか
・このファーストチームとセカンドチーム以下のレベル差を考えるに、やはりケガが今年最大の難敵
・とりあえず主力をスペシャルチームで使うのはやめて

まとめ
 ・主力が元気だったら今年はいい年になるかも


 試合の感想書くのにもリハビリが必要だと感じる今日この頃。余裕があったらまたなんか書くかもしれません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

redgun1978 : 2012/08/11 (土) 09:39:06

20数年アトランタを見てきて、ここ何年かではじめてまともなチーム作りを体感してきてると。そうなったことで去年までで言う自分たちの流れをつかんでるときは「あーこりゃスーパーボウルだー」とか昨日の試合でいう集中力MAXの1軍組第1QのO#/D#とかの無双状態。ただし試合ではゲームをうまくコントロールしないと勝てませんよというアメフトの本質についにぶつかったんでしょうか。やっとか遅いわー(笑)、しかもやばいこれだとスミティのプランニングにかかってきてしまう。。。
試合の印象は『私達現代フットボールのチーム始めました!』
ボールコントロールも趣きがあって好みですが今年のチーム見てて楽しくなかったですか?結局要するにアメフト観戦楽しいと。

ほとら : 2012/08/12 (日) 11:03:13

 最初にお詫び、というか言い訳しておきますと、上の雑感では、プレシーズンの内容で浮かれてはいけないということを必要以上に意識しすぎたために、改めて読むと1Qがどれだけ素晴らしい中身だったかが全く伝わらないものになってしまってます。あえて大きな感情を排して「雑感」だけに集中したのが失敗でした。
 もちろん(多分redgunさんもそうだったように)私も14-0となった時はワッショイ、ワッショイしてました(笑)いくらプレシーズンに意味はないといえど、ファーストチームのあの完成度にはスーパーの文字もチラッと浮かびましたし、何より本当に見ていて楽しかったですから。私がコントロールオフェンス好きなのは周知の通りかと思いますが、あんな素晴らしい内容に満足しない訳が無い。

ほとら : 2012/08/12 (日) 11:07:05

 ちなみに私のフットボール観についてですが、正確に言えば、ボールコントロールが好きというより「ハイパーQBと愉快な仲間たち」というのがイマイチ好きになれないというのが本当のところです。
 これは多分自分がNFLを真剣に見始めたのがパッツ王朝が始まった頃だというのが影響しており、ブレイディというレーティング80そこそこの数字的に見ればごくごく平凡なQBを擁しながら、それぞれが役割を完璧に理解している選手達と深い戦術とによってINDを初めとしたド派手なチームを苦も無くひねるNEにNFLの奥深さを見たというのが原体験になってるんだと思います。QBはあくまでシステムの歯車の一つでもいいというNFLの可能性を教えてくれたと言うか。そして逆にかませ犬となっていたIND(というかマニング)にあまり良い印象を持っていないんです。まあスパイゲートでそうした功績に疑問符がついてしまったことや、そのブレイディが今やハイパーQBの代名詞となってるのはなんとも皮肉ですが。
 それで、私はライアンは「"2000年代前半の"ブレイディ2世」になってくれるんじゃないかと勝手に期待していた感があります。とはいえ私もファルコンズファン、一番見たいのはもちろんチームの勝利ですので、どんな形であれ、チームが選んだ道が頂点へ続くものであることに心から期待してます。
 あと、やっぱりアメフト観戦楽しいってのは、まさしくそのとおりですね。本当この楽しみが少しでも長く続いてほしいものです。

redgun1978 : 2012/08/12 (日) 21:55:09

あら、なんかすいません「チーム見てて楽しくなかったですか?」このへんが否定的なツッコミにとられちゃいました?w かるーくいなしといてくだされば。特集組んだユーイングさいならしちゃいましたしTEも膝でカットだし期待のデントはコンカッションだし来週も続いたら、、、いや不吉だからやめましょう。

ほとら : 2012/08/17 (金) 01:10:19

 や、こちらこそ長文失礼しました。ただ基本的にNFL、特にファルコンズについてのいろんな考えを聞けるというのは私にとって純粋な喜びなので、つい過剰に反応してしまう所がありますw
 怪我人については、そういうスポーツだとある程度は割り切る必要があるんでしょうが、なかなかファンとしてはそんなに冷静にはなれませんよね。デプスの奥から予想外のスターが出てきたりするのもまたNFLの面白いところなんですが、さてファルコンズにそういう人材がいるんでしょうか。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。